ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パキスタン・タリバン運動(TTP)はカラチ最凶のマフィア組織

 カラチ空港が武装集団に襲撃さて、少なくとも5人が殺害された模様です。おそらくパキスタン・タリバン運動(タフリーク・エ・タリバン・パキスタン=TTP)でしょう。TTPは今年3月1日にパキスタン政府と停戦しましたが、停戦は1か月で破れています。
 カラチでは2011年にもパキスタン海軍基地が襲撃され、10人が殺害されています。
 
 もっとも、TTPの存在はこのところ、こうした反政府ゲリラ組織というよりは、都市部を縄張りとする犯罪集団という面が非常に強くなっています。
 なかでもカラチは、とくに2007年に紛争を逃れてパシュトゥン人が大量に流入し、現在は約1300万人のカラチ市の人口のうち、400万人にも達しているとみられていますが、TTPはその中の事実上の最凶マフィア組織となっています。とくにパシュトゥン人の伝統的な部族社会の長老・有力者を脅迫・殺害して影響力を強めており、日常的に誘拐、殺人、恐喝、銀行強盗、密輸などを生業としています。
 もちろん政治的には反米イスラム過激派なので、アメリカおよびパキスタン政府と対決しています。パキスタンの政治勢力、公安機関もテロの対象となっています。
 かつての極左組織にもあった例ですが、政治的過激派が見通しのない闘争の中で分裂し、一部が先鋭化し、むしろ犯罪集団化に突き進んでいくというコースを辿っているようです。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/09(月) 08:18:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アサド再選「得票89%くらいにしておきますか?」 | ホーム | 天安門事件から25年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1405-c808a0cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。