ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

破壊措置命令、公表してもいいのに

 すでに北朝鮮はノドン(日本を専門に狙うミサイル)を撃っていますから、イージスの展開もまあ当然とは思いますが、とくに日本を飛び越えるムスダンやテポドンの発射兆候がみられないので、緊迫してないということで非公表としたのでしょう。でも、どうせメディアに抜かれるのだから、公表してもべつにいいのではないでしょうか。
▽北ミサイルに備え政府が破壊措置命令…非公表で
 それにしても、ムスダンの発射実験はいつやるつもりなのでしょうか? いずれやるはずですが、自分たちがいかにも「アメリカに追い込まれた」という建前を使うタイミングを見図ると思われます。
 今の流れだと、国際社会の非難⇒核実験⇒ムスダン発射、という感じでしょうか。ただ、今回の一連の挑発はかなり抑えたトーンなので、このまま緊張激化作戦という雰囲気でもないように思います。対外緊張を保ちつつ、国内権力基盤固めの時期がもう少し続きそうに見えます。
 それでも、北朝鮮が「新たな形態の核実験」を行うことを宣言したことは、やはり要警戒です。宣言したからには、何かを行う布石ということでしょうが、新形態の意味が不明です。地下実験以外ということ? 地表、海中、空中? ちょっと考えられませんね。
 新たな形態というより、より大きな爆発レベルのもの、例えばブースト型とか水爆とかの実験でしょうか? 
スポンサーサイト
  1. 2014/04/05(土) 12:26:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<次はウラン型核爆弾の実験か? | ホーム | シリア系女優がブラピの相手役に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1378-a5aa2b8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。