ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリア系女優がブラピの相手役に

 とにかくひどい状態のシリアですが、シリア系の人の活躍の話を聞くと、かの国に縁のある者としては、やはり嬉しいですね。
 お父さんがシリア人で、お母さんがウクライナ人の女優ジェニー・エスパーさんが、ブラッド・ピット主演のハリウッド映画で、相手役として抜擢されたとのことです。
esper.jpg
 シリアとロシアの女ダブル・スパイの役だそうです。これは楽しみですね。

 ところで、シリア系では他にどんな有名人がいるのか紹介してみます。
 まず何と言っても有名なのは、アップル創業者のスティーブ・ジョブスですね。お父さんがシリア人です。
 あと、歌手のポール・アンカがシリア系ですし、私も大ファンのレゲエのスター、ボブ・マーレーにもシリア系の血が入っています。
 変わったところでは、元アルゼンチン大統領のカルロス・メネムもシリア移民の系統です。

 女性陣でいえば、往年のポップスターで、アメリカン・アイドルの審査員も務めていたポーラ・アブドルがいますね。お父さんがシリア人です。
Paula-Abdul_convert_20140404172350.jpg

 他に女優さんということでは、こんな方々もいます。
『アメリカン・パイ』や『ラブ・アクチュアリー』に出ていたシャノン・エリザベス。お父さんがシリア人です。モデル時代には日本でも活躍していたそうです。
Shannon Elizabeth_convert_20140404173925


『デスパレードな妻たち』のテリー・ハッチャー。お母さんがシリアン・ミックスです。
teri_hatcher-smile-wallpaper_convert_20140404175026.jpg

 日本ではそもそもシリア系の人自体がほとんどいないに等しいわけですが、元女優で今はアーティスト活動をされている照沼ファリーザさんという方がいます。大沢佑香、晶エリーなどの名前で活動されていた方で、お父さんがシリアの方です。私も一度お会いする機会があって、シリアについてお話ししたことがあります。
aP4cN_convert_20140404184355.jpg


 女優さんではないですが、私たちの業界で有名なシリア系の人といえば、この方。CNNインターナショナルのアンカーウーマン、ハラ・ゴラニさん。
GOLANI.jpg

 また、スポーツの世界で活躍したシリア人女性といえば、陸上競技のガーダ・シュアー選手ですね。アトランタ五輪の7種競技の金メダリストです。
Ghada3.jpg

 最後にオマケ。
 シリア革命が始まってから、アサド政権側のプロパガンダをひたすらネットで主張し続け、海外の親アサド派ネット住人のアイドルになった「シリアン・ガール」というギャルがいます。まあ甚だ傍迷惑な娘さんなのですが、こんなギャルです。
syria-girl-3.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/04/04(金) 16:09:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<破壊措置命令、公表してもいいのに | ホーム | 北朝鮮とシリアの非道な独裁システム>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2014/04/07(月) 11:47:32 |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1377-340ac497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。