ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マレーシア機不明事件にハイジャック説浮上。通信とトランスポンダーを切ってから西に向かった??

とにかく情報が二転三転し、謎が深まるばかりのマレーシア機不明事件ですが、こんな情報も。
▽マレーシア機不明、アンダマン諸島に向かった可能性も(CNN)
「自動報告システムが、報告されている同機と航空管制官との最後の交信から数時間、複数の衛星と交信していたことが確認された」
「トランスポンダー信号が同機から最後に発信された後に自動報告システムからのピン(ping)が受信されていることから、同報告システムは最長で5時間は正常に機能していたと見られる」
「これらの情報を総合すると、一連のデータは何者かがテロなどの目的で同機を乗っ取った可能性を示している」
「この説が浮上するきっかけとなったのが、同機がトランスポンダーによる通信を断った後、何度か大幅な高度変更を行ったとする米紙ニューヨーク・タイムズの記事(同機が民間のレーダー画面から消えた直後に約14キロ上昇したことがマレーシアの軍事レーダーで確認された)」
「インド洋のアンダマン諸島に着陸したとの説もある。この説は、ロイター通信が14日に明らかにしたレーダーデータの分析に基づいている」
「同機の操縦者は、ウェイポイントと呼ばれる飛行経路上に設定されている通過点をたどっており、そのウェイポイントに導かれてインド東部のベンガル湾に浮かぶアンダマン諸島に向かった可能性がある」

 謎、深すぎ!
 うーん、ハイジャック犯が、クルーが外部に異常を知らせる間もなく同機を制圧し、トランスポンダーを切り、クルーを脅すか自身が操縦するかで西に針路をとった???
 あるいは、クルーがもともとテロリストとか犯罪者とか異常者とか何かで、管制との交信を自分で断つとともに、トランスポンダーも切って、西に向かった????
 あるいは、何者かが画期的なサイバー攻撃で操縦システムと通信システムを乗っ取り、勝手に西に飛ばした??

 上記記事のデータが事実なら、そんなことぐらいしか考えられない・・・

 
  
スポンサーサイト
  1. 2014/03/15(土) 13:50:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マレーシア機不明事件。機長か副操縦士が相手を殺害、あるいは締め出して単独犯行? | ホーム | 「今の交渉で北方領土は還らない」からの戦略を!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1363-2bb6f220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。