ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

震災とシリア殺戮の3年

 本日は震災3周年。
 ということで、メディアでは関連の特集が多く報じられています。
 そんななか、私個人としては、一昨日の深夜テレビで放送されていた『遺体 ~明日への十日間』(君塚良一監督)という映画がいちばん心に残りました。西田敏行さん主演のフィクションですが、実話を基にした物語です。
『遺体』は、震災直後の釜石の遺体収容施設を舞台にしています。当時の震災報道でほとんど報じられなかった「場所」です。
 震災当時もメディアでは「遺体を報じるかどうか」という議論があり、それは賛否両方の意見があっていいとは思いますが、私自身は映画『遺体』が、作り物の映像とはいえ、ぐっと刺さりました。遺体という存在・・・遺体と向き合う人々の姿・・・そういったものが、直接的に死の重みを突きつけるのです。
 死者と行方不明者は1万8517人。さらに避難生活などで亡くなった方は2900人あまり。合わせると少なくとも2万1400人以上の尊い命が失われました。そのひとりひとりに、たいへんな悲しみの物語があります。

 同じように、たいへんな悲しみを、まさに今、シリアの人々が経験しています。
 シリアで反体制派のデモが始まったのは、震災から4日後の2011年3月15日。直後から独裁政権による凄まじい殺戮が始まり、もう3年になります。
 この3年間で、すでに14万人の人が亡くなっています(政府側戦死者含む)。これは反体制派人権団体などによるカウントですが、実際には行方不明者が大勢いますので、犠牲者の総数はもっと多いと思います。14万人としても、人口2200万人の国での死者数です。
 また、現在、自分の家を追われて国外難民あるいは国内避難民になった人が、1000万人弱に達しています。国民の半数という凄まじさです。

 映画『遺体』を観た方も、観ていない方も、そこに2万人以上もの死があったことに衝撃を受けた方であれば、シリアの14万人の死の悲しみの凄まじさも、きっと想像していただけるのではないかなと思います。
 去年の写真ですが、悲しみのほんの一部を貼っておきます。実際には、こうした遺体が14万体もあるのです。
ドゥーマサリン犠牲者

こちらは最近。政府軍による市街地への無差別爆撃の犠牲者です。
シリア爆撃

 ちなみに、シリアで凄まじい殺戮が始まってから、私は現地から発信される現場映像を日本のメディアで伝えようと動いたことがあります。雑誌メディアやネット・メディアでは遺体の写真・映像を使うことができたのですが、テレビではやはり当たり障りのない映像に制限されました。しかたないことですが、やはり本当の悲惨さを伝えるには不十分だったと思っています。

 内戦前のシリアはよく知っています。秘密警察国家特有の重苦しさはありましたが、日本でイメージされているような未開の国ではなく、それなりの生活レベルの国でした。それが、民衆が独裁者に歯向かった結果、こんな酷い状況になってしまいました。
 しかも、シリアでは今も、毎日数十人から数百人のレベルで殺戮が続いています。
 政府軍vs反政府軍vsイスラム・テロ集団の三つ巴の戦いになっていて、もちろん戦闘で戦死する兵士もいますが、死者の多くは民間人です。先日、国際会議なるものがあって、政府軍による一般市民への無差別爆撃や、ライフラインをとめて飢餓や窮乏をもたらしている町村への封鎖が禁止されることになりましたが、そんな口約束はまったく守られていません。
 本来であれば、シリア政府に国際社会が強い圧力をかける局面であるべきなのですが、国際社会なるものは今、ウクライナ危機に手一杯で、シリアの人々を見殺しにしています。
 ウクライナ問題はもちろん重要ですが、毎日多くの人が殺されているシリアを、やはり忘れないでほしいと思います。
(先日、JBPRESSにシリア問題とウクライナ問題についてそれぞれ寄稿しました。残念ながらシリア記事のアクセスは伸びなかったようです。関心をもたれていないということですね)
スポンサーサイト
  1. 2014/03/11(火) 12:27:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「今の交渉で北方領土は還らない」からの戦略を! | ホーム | ウクライナ問題と北方領土問題はまったく無関係>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1361-2cfe55d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。