ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北朝鮮が短距離ミサイル発射

北朝鮮が東海岸の旗対嶺から、日本海に向かって短距離弾道ミサイル4発を発射しました。射程は200km以上とみられるとのことです。
 旗対嶺は北朝鮮のミサイル発射基地としてはよく知られたところで、たとえば2006年7月にテポドン2の発射実験がムスダンリで行われた際には、同時にここからノドンが発射されています。
 今回の発射はおそらく、米韓軍が24日から行なっている合同軍事演習「キー・リゾルブ」と野外機動訓練「フォールイーグル」に対する反発の意思表示兼発射実験でしょう。ただ、射程200kmのミサイル発射では、軍事的にはあまり意味のない示威行為といえます。
 発射されたミサイルですが、現時点ではまだ不明です。可能性としては、固体燃料ミサイル「KNー02」改良型(KNー09とも)ではないかなという気がします。これはもともと射程120kmだったKN-02を長射程化したもので、昨年段階で160kmまで射程を延ばしたとみられていました。もしかしたら、これをさらに射程延長し、今回、その実験を行なった可能性があります。
 あるいは、かねて保有していたスカッド系統の可能性もあります。北朝鮮は旧ソ連製のスカッドBとスカッドC、さらにそれを独自に改良したスカッドC改を保有していますが、こちらはもう何年も発射試験を行なっていないので、今回、使用された可能性があります。もしそうであれば、射程300km程度のスカッドBではないかと思われます。
 また、北朝鮮が開発中とみられる新型多連装ロケット砲(放射砲)との見方もあるようですが、現在開発中とみられる300mm以上のものでもおそらく射程は百数十kmと思われますので、いきなり200km以上というのは、なかなか考えにくいようにも思えます。もちろん北朝鮮の兵器開発の程度は外部には不明なので、断定はできませんが。
(追記)
 米国防総省報道官が「スカッドの発射実験とみられる」と発表しました。北朝鮮軍のスカッドはそれほど大量にあるわけではないのですが、ずっと放置してきたので、実際に作動するかの試験だったかもしれません。あるいは運用試験。ただし、それだけで4発は多い気もします。かといって
新型開発の実験だった可能性は今のところ低いように思うのですが・・・。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/27(木) 23:26:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<崔竜海失脚情報(朝鮮日報) | ホーム | 『バンバン・クラブ -真実の戦場-』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1355-434f98f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。