ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリア問題の基礎事項

 シリア問題でどうも日本の報道がおかしいのではないかと前々から感じていたところは、この問題のいちばん重要な基礎事項がきちんと明示されていないことでした。
 基本的な構図はそれほど複雑なことではなくて、「独裁者にノーと言った国民を、政権が殺戮」⇒「武器をとって抵抗」⇒「政府軍が住民もろとも殺戮」ということです。実に単純な話ですね。
 それを前提としたうえで、さらにそれからその他の諸々発生してきた問題、たとえば外国の介入の問題であるとか、反体制派内部の軋轢であるとか、過激派の流入の問題であるとか、そういった派生問題についても言及すればいいと思うのですが、どうも最初からそちらメインで情報が流れているので、なんとなく主従転倒した話になってしまうわけです。

 ということで、お薦めの記事をご紹介します。
▽クローズアップ2014:シリア、遠い停戦 政権・反体制派、初交渉(毎日)
 良記事です。シリア問題の基礎事項がわかりやすく解説されています。毎日新聞デジタルの契約者しかアクセスできないようですが、メンバーの方にはぜひお薦めします。

 ところで、前エントリーなのですが、私はなにもヒューマンライツ・ウォッチや「話し合いで解決を!」と主張する方々を偽善者だと非難しているわけではありません。
 より重要なのは現実であるわけですから、理想だけに思考を留めずに、リアルに有効な方策を考えたいということを問いたいだけです。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/26(日) 01:07:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジュネーブ2会議と内戦現場の大きな「壁」 | ホーム | ヒューマン・ライツ・ウォッチのシリア提言に溜息>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1346-831c2ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。