ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小野田少尉死去

 現在発売中の『軍事研究』で日本版NSCと特定秘密保護法について解説しています。
 また、昨年末に『週刊SPA』に掲載していただいた私のインタビュー記事が、中国共産党機関紙系『環球時報』に引用されました。が、どうも発言内容が曲解されているようで・・・まあいいですが(笑)。

 昨日、小野田寛郎元少尉が死去されました。享年91歳。ご冥福をお祈りします。
 小野田氏は「陸軍中野学校」の分校で、「遊撃戦」(ゲリラ戦)教育部門である静岡県の「二俣分校」で訓練を受けた人物です。日本軍がフィリピンを撤退する際、現地に密かに留まってゲリラ戦を行う「残置諜者」としてルバング島に潜伏しました。
 陸軍中野学校というと、旧陸軍のスパイ教育機関として知られていますが、二俣分校のほうは本校のような諜報・謀略など「秘密戦」(特務工作)の専門家養成とは違い、特殊部隊のような特殊な戦闘技術(破壊工作・宣伝工作含む)&サバイバル技術を教育する機関でした。戦後の北方領土返還運動で知られる末次一郎氏もそこの卒業生です。
 陸軍中野学校については、小生が原作を担当した下記コミックで詳しく解説しています。
▽本当はすごかった大日本帝国の諜報機関
※上記アマゾンの読者レビューに、人間関係の描写に疑問を指摘する声がありますが、ストーリーはフィクションですから、もちろん登場人物の具体的な行動には創作が含まれています。しかし、時代背景および旧軍の特務工作の内容については、現在入手し得る資料を精査しており、なるべく実際のトピックを盛り込むとともに、事実関係で破綻のないように構成しています。
 また、レビューいただいた方の根拠が関係者から聞いた話とのことですが、個別のオーラルヒストリーが必ずしも事実ということにはなりません。特務工作の分野は秘匿性が極めて高く、信頼性の高い情報が非常に少ないですが、それでも複数の情報をチェックすることで、ある程度は全体像を把握できます。
 旧軍の特務工作について、より正確な情報を知りたい方は、下記拙著をご笑覧いただければ幸いです。
▽謀略の昭和裏面史
スポンサーサイト
  1. 2014/01/17(金) 16:28:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<コメント欄停止のお知らせ | ホーム | モサドがマンデラを軍事訓練??>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2014/01/17(金) 19:30:58 |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1342-2fa252e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。