ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメリカでオスプレイ反対運動?その2

 現在発売中の『Themis』今月号で、コメントを採用していただきました。シリア問題です。
 また、本日TBS「朝ズバ」で、文字コメントを提供しました(採用されたかどうかは未確認)。こちらは日米外交防衛閣僚会合に関してです。

 その「朝ズバ」ですが、同番組で私が以前、「アメリカでオスプレイ反対運動は存在しない」と明言したことに関し、ちょっと前ですが、ツイッターにて「アメリカの活動家が、沖縄訪問時にオスプレイ反対を訴えた」とのご指摘を受けました。
 その根拠となったのが、以下のニュースです。
▽検証 動かぬ基地 vol.127 オスプレイ訓練延期させた米国女性(琉球朝日放送 2013年3月21日)
 ここに登場するのは、The Peaceful Skies Coalition(平和的な空たち連合)」の代表のキャロル・ミラーさんという方です。The Peaceful Skies Coalitionは公式HPによると、ニューメキシコ州・コロラド州での米空軍特殊作戦部隊のオスプレイとC-130輸送機による低空飛行訓練をやめさせるために設立された組織となっています。
 番組を拝見すると、ミラーさんは以下のように語っています。
「政治レベルでは彼らはオスプレイをここに配備するだろう」
「もしそれを私たちが止めることができたら、帝国の拡大を止めることを助けるだろう」
「騒音さえも、自由のための音だと言うのです」
 以上から、アメリカの活動家がオスプレイ反対を表明している、と同局は報道しています。

 ところが、ミラーさんが主導するThe Peaceful Skies Coalitionの上記のHPをみても、「オスプレイに反対」とは書かれていません。あくまで低空飛行訓練に反対しているだけです。反対の理由も、騒音や風圧による環境への悪影響ですね。オスプレイ限定でもありませんし、ましてや「オスプレイ特有の危険性」にはまったく言及されていません。
 考えられることは以下のようなことです。
▽ミラーさん個人だけが「オスプレイそのものに反対」
 どこにもいろいろな方がいますので、可能性がないわけではないです。
 ただ、同組織のSNSにこの人が書き込んでいるものなどを拝見すると、もともと反戦運動系の方で、すべての米軍の活動、すべての兵器に反対というような意識の方であることが推測されます。
 ですが、仮にそうであっても、あくまでこの方おひとりの見解であり、彼女が主導する同組織の考えではありません。アメリカにオスプレイ反対運動があるわけではないのです。
▽同局の情報操作
 地元住民や地元の環境へ配慮に欠けた米軍に対する抗議ということで、ミラーさんが沖縄で語ったことを、同局が「オスプレイ反対で連携した」と誤解し、そのように編集で恣意的に操作した可能性があります。
 たとえば、上記の3つのコメントも、それぞれ別個にトリミングされたコメントであり、文脈的に繋がっているのかどうかは、これだけではわかりません。
 まあ、最初の2つは流れとしては繋がっている可能性が高いとは思いますが、おそらくミラーさんが「地元の環境へ配慮しない米軍の横暴を止めたい」という意味で言っているものを、1本目でむりやり「オスプレイ」を強く印象付けようとしたものではないかなと推測しています。
 また、最後の「騒音さえも、自由のための音だと言うのです」のコメントも、キャプションでは「オスプレイの騒音さえも~」とされていますが、この映像では「オスプレイの~」とは言っていません。
 通常、もしも「オスプレイだから反対」、ましてや「オスプレイは危険だから反対」というのであれば、きっちり単独インタビューも撮っているわけですので、そうした明確なコメントを当然採用するはずなので、それがないということは、同局が期待するそうしたコメントがなかったということかと思います。

 要するに、アメリカには地元住民による「低空飛行訓練反対」運動はありますが、「オスプレイ反対」運動は存在しません。それを日本では沖縄の一部メディアが誤解して報じているということかと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/04(金) 12:07:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21
<<もう誰も関心を示さなくなったシリア | ホーム | 日英安全保障協力会議>>

コメント

黒井先生の本質を突いているがややアバウトな物の言い方を反対意見を持つ人が故意の嘘とか強弁と言う風に取るのだろうと思います。

重要なのは安全輸送に気を付ける米国大統領が今後オスプレーを利用する事と「使える武器」にしか興味を示さないイスラエル軍首脳が関心を持っている事で充分だと思います。


ま、黒井先生=似非軍事ジャーナリスト=英米諜報機関の手先=戦争屋ロックファラーの陰謀とかの思考回路で演繹的に批判されたら合理性を持った純軍事技術的説明は全く意味を持ちませんが(笑)。厄介、厄介。
  1. URL |
  2. 2013/10/04(金) 15:31:50 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

黒井先生、『あのひと検索スパイシー』上の先生の写真が黒人の顔になっています。
http://spysee.jp/%E9%BB%92%E4%BA%95%E6%96%87%E5%A4%AA%E9%83%8E/1041543

警察に被害届を出して下さい。mahoroba23の個人情報は西村雅史に聞けば直ぐに分かる筈です。今度こそ逮捕です。ハイ。
  1. URL |
  2. 2013/10/05(土) 04:08:08 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

ここまで来たら書いちゃいますが、九十年代に『マハーポーシャ同窓会』で(上祐と同じ)外報部長としてオウム真理教ハンターとして河上イチローと討論したフミフミは当時関係者に評価されていたが、現在「ミイラ取りがミイラになった」。つまり、オウム=アレフ信者を上回る陰謀論者になった。

しかも、手口が陰険で複数のネームやツイッターやブログ使用でゲリラ的である。分からないのは(倉山満の様な)頭脳明晰だが空回りする三十代後半位の青年か、固まった生涯一陰謀論者のいずれか。「萌えてる」という言葉から後者は想像し難いがアキハバラでは何でもありだ。


フミフミは別ブログ『まほろばいろは』の二〇一一年六月十日付け記事でこう書いている。

「(引用開始)B層と呼ばれる民達は、マスゴミや権力者・経団連を始とする金の亡者たちの一方的な情報を鵜呑みにして、思考停止している。B層と呼ばれる民達は、マスゴミや権力者・経団連を始とする金の亡者たちの一方的な情報を鵜呑みにして、思考停止している(引用終り)」。
http://mahoroba13.blog.fc2.com/blog-entry-151.html


さらに今年九月二十一日付け記事で、「(引用開始)シリア問題は、まったく不正義だ。問題といっても、欧米金融支配層を仕組んだ、詐欺紛争なのだが(引用終り)」と欧米金融支配層の所為にするが、「戦争屋」の英米軍産複合体の所為じゃないの(笑)。
http://mahoroba13.blog.fc2.com/blog-entry-204.html


決定的なのは今年九月二十一日付け記事で、「(引用開始)地球人のなりすまし、偽ユダヤ人たちの世界統一計画と地球の自由を守ろうとする人々の対決の最前線にシリアの人々は立たされている。

遠い国の縁もゆかりもない話ではなく、もっとも日本人が関係する事件である。それは、古代イスラエル人の末裔が日本人だからだ(引用終り)」。
http://mahoroba13.blog.fc2.com/blog-entry-203.html

元オウムハンターのフミフミは現在日ユ同祖論を信じる愉快犯のオッサンに「成長」しました(笑)。何だ北朝鮮の工作員じゃなかったのか(楽笑)。やっぱ、五十男。
  1. URL |
  2. 2013/10/05(土) 21:42:00 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

ついでに書いちゃうが、フミフミさん、貴方も子供じゃ無いので説教する気は無いけど、陰謀論を信じるのはオタク趣味の範疇としても、匿名や複数ネームで真面目に活動している個人の中傷は良くない。今回はたまたま黒井先生(の元奥様)で出来ればきちんと謝罪して欲しいけど、少なくともその点だけでも改めてよ。

後、フミフミさんは情報に溺れている。もう少し歴史研究でもしたら良い。某情報大国が分析官を育てている場所を知っているが、まず千倍の競争率。二十名から二十五名の候補者は九年契約にサインする。

最初の三年は研修期間で要は学位を取る。語学と歴史とインテリジェンス学が必修でその他は選択。教員は一部が軍人で一部が一般の学者。残り六年が勤務の拘束。後は任意。年に二十人として十年で二百人が巣立つ。陰謀論や空想の入り込む隙無し。


それからシリアとイスラエルの関係だけど、二〇〇六年の第二次レバノン戦争後にシリアのアサド政権はイスラエルとの平和条約締結を望んだ。当時シリアとイスラエルを仲介したのがトルコのエルドアン首相。

同時期ツィッピー・リブニー外相の下で強化されたイスラエル外務省情報部と参謀本部諜報局は「バシャール・アサドは第二のサダト」とか「アサドは本気」とかオルメルト首相に進言。イスラエルの方も乗り気だったが反対したのが当時モサッド長官のメイール・ダガン。彼は疑い深い上に米国の意向もあった。

オルメルトはアサドに秋風を送りながら二〇〇七年にシリアの原子炉を爆撃。イスラエルとシリア両者共に暫くは黙っていたが科学者を大量に殺された北朝鮮が最初にキレて明らかになった。しかも、この時に自国領空を侵犯されたトルコも怒るがオルメルトは涼しい顔。

その後もイスラエルとシリアの秘密交渉は続くが二〇〇八年末のガザ戦争でシリアとしては交渉継続不可能となった。つまり、オルメルトはアサドに気を持たせながらもゴラン高原を返す奇は最初から無かったという事。


アサドはフリーメーソン=イルミナティーと闘う英雄?ミントティーの間違えじゃ無いじゃないの(笑)。
  1. URL |
  2. 2013/10/05(土) 23:04:36 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

「秋風を送りながら」は「秋波を送りながら」の間違いでした。
  1. URL |
  2. 2013/10/06(日) 01:17:17 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

「レッドライン」を破るのはオバマみたいで何ですが(笑)。九十年代にオウム幹部河上イチローの『デアアングリッフ』に対抗するサイト『インターネットスパイ』がmahoroba23ことフミフミによって運営されていた。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/3271/taidan/fumifumi.html

この一見常識人と「奴ら(欧米人)が、地球人ではなく、外宇宙から飛来した種族なのか、我々日本人の祖先が外宇宙から飛来してきたのか、そろそろ決着をつける時を迎えているように思う」という異様なギャップは一体何なんだ。(『まほばいろは』九月二日付け記事)から。
http://mahoroba13.blog.fc2.com/blog-entry-203.html

恐らくフミフミはクスリをやっている。生活に疲れきったのだろう。まほろばならぬ阿呆驢馬である。そして、宇宙からきた欧米支配層イルミナティーと闘うべく毎日2チャンネルに投稿して脳内戦争を続ける。


スレッド『シリア情勢33』には「ユダヤがシリアを攻める理由」として以下の同文が47番と76番と105番と206番と468番と510番に並ぶ。

「(引用開始)石油、パイプライン利権。ロスチャ イルドはシリア北部で石油略奪。大イスラエル帝国建設。ユダヤ人類奴隷装置機関IMFに借金が ない。世界中の殆どの国の中央銀行はユダヤの私物で人類奴隷化しているのにシリアの中央銀行は100%国有でロスチャイルドのものではない。アンチシオニスト。シリアは世俗主義でユダヤ傀儡の似 非イスラム教に洗脳されてない。アサドがユダヤ食糧管理人類奴隷支配を拒否。シリア国民はユダヤの謀略を知って いて、それを世界中にバラすから。(引用終り)」
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1380456972/

そして、207番に「最近Fキチ(自由シリア軍支持者への侮蔑)連呼が少なくなったと思ったら、陰謀論者やコピペ野郎が暴れ出したんだよなぁ 絶対に同じやつがやってる 」と見抜かれている(笑)。阿呆驢馬ふみふみさん。


なお、上記とほぼ同文が『まほろばいろは』九月二日の記事に赤い文字で書かれている。

「(引用開始)シリアの中央銀行は国営。シリアはIMFに借金がない。シリアには遺伝子組み換え食品(GMO)がない。シリアの人々は地球規模の陰謀に気づいている。シリアには天然ガスとパイプラインを作る計画がある。シリアはシオニズムと’イスラエル’に反対する。シリアは中東最後の世俗国家(引用終り)」。
  1. URL |
  2. 2013/10/06(日) 06:49:18 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

あれっ、阿呆驢馬フミフミのブログ『萌えてる非国民』が削除されている。非常に残念だな(笑)。

別に私の所為じゃないよね。私は黒井先生の(元)奥様をテロリスト呼ばわりした箇所だけ削除して謝罪文の掲載すれば充分だったのに。過剰反応だよ。

ま、でもフミフミさんの(2ちゃんねる等を含めた)今後の活躍を祈ります。「2ちゃんねるは嫌い」ってブログには書いてあったけど、実際は水を得た魚みたい。

でも、「~w」とか連発し過ぎで直ぐにバレルよ(笑)。ま、新しいブログ作ったら折には教えてちょ~だい。敬具。
  1. URL |
  2. 2013/10/07(月) 02:37:34 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

道楽Q氏
自分でブログ作ったら?

それに「萌えてる非国民」ブログ閉鎖は、別にあなたの所為でも、過剰反応でもないよ。
ブログ主が海外勤務が決まり、そのまま海外移住することにしたから。7日出発ということで、ぎりぎりまでブログを更新していたようだけど、設定時間になれば削除されるようプログラミングした旨、案内があってた。
  1. URL |
  2. 2013/10/07(月) 09:29:28 |
  3. ユータ #-
  4. [ 編集]

タイミング的に不可解ですが(笑)。ノーサイドなら構いません。

フミフミ氏の事はもう書かないので安心して眠ればよろしい。

ま、「海外」といっても隠岐島あたりの営業所から2ちゃんねるのバトルを続けそうな気がしますが(笑)。
  1. URL |
  2. 2013/10/07(月) 20:37:52 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

ブログの主の記事より長いコメントはご自身のブログかツイッターでやられては?(再掲)
  1. URL |
  2. 2013/10/09(水) 13:30:35 |
  3. シャイロック #YqzQT8Bs
  4. [ 編集]

主語が無いが独り言ですか。有れば強要(罪)ですが。


黒井先生は独自の考えが有りシリア反体制派支持なので反発する人も当然いる。でも、批判も論理的といかないまでもフェアーにやろうという事です。

例えば、ハンドルネーム『スーリア(シリアのアラビア語)』が「黒井豚朗」と書いてるが気分が悪くなる。なら無いなら価値共有して無いので、言う事無し。


「(引用開始)似非ジャーナリストの黒井豚郎などは、「政府軍が市民を虐殺」とか声高に言うくせに、反政府軍の「そんな枝葉レベルの犯罪は関係ない」と発言。こいつどうにかなりませんかね?(引用終り)」。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201306/article_82.html

「(引用開始)黒い豚郎というアメポチが、シリア反政府軍支援のブログを書いているが、そこのコメント欄がまた凄くて、「反政府軍を悪くいうヤツは全員サヨク」なんだそーです(引用終り)」。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201306/article_91.html

「(引用開始)欧米によるシリア国民虐殺を支持するような発言を繰り返す、黒い豚郎のような似非ジャーナリスト、何とかなりませんかねぇ…(引用終り)」。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201307/article_82.html


因みに「似非ジャーナリスト」と書いた(失笑)スーリアには『雨霽れ月朦朧の夜』というブログがありますが、今月六日付け記事で、

「(引用開始)『萌えてる☆非国民』というブログも、情報が早く、ブログ主の意見に揺るぎが無く毎日面白く読んでいたのだが、ブログ主が海外に移住されるとかで閉鎖されるらしい…残念!(引用終り)」と最後まで阿呆驢馬フミフミは自作自演と「芸が細かい」。座布団一万枚持ってけ、泥棒(爆笑)!
http://ugetsu527surya.blog.fc2.com/

また、「オウム事件から体質変わってないのか?」「『萌え非』に代わる、面白くて為になるブログを探さねば!」だそうで(苦笑)反オウム闘士時代の青春を思い返している(笑)。


さらにブログ記事「シリア情勢16」とあるが、「シリア情勢」って2ちゃんねるのスレッド名そのまま(情け無い笑)。

そこでフミフミ氏は「海外転勤」の七日も八日も書き込み宇宙から来た欧米支配者イルミナティーと仁義無き脳内戦争(笑)。好きねぇ~(笑)。


おまけにYahoo!知恵袋でも回答者として、「日本にも反政府軍は正義の味方ですと大嘘を吐き続けている黒い豚郎みたいなのもいるんで、仕方ないか…奴のブログに書き込みしたら、「いい子いい子」してくれるよ。たぶん」と超粘着質。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14108805544


とはいえ、ブログ廃止決断の上に別ブログ二つは六日から更新無しでツイッターも七日止まり。監視は続けますが、フミフミ氏が紳士協定を守るならばこれで本当に終わり。彼にも反オウム国士時代のプライドが残っている筈ですからね。
  1. URL |
  2. 2013/10/09(水) 17:27:33 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/10/09(水) 17:44:31 |
  3. #
  4. [ 編集]

阿呆驢馬フミフミの辞書に「ノーサイド」「紳士協定」とか言う高潔な概念は一切無い。流石オウムの河上イチローの元カウンターパート。常人には理解し難い。

今月五日にこの記事コメントでブログ『まほろばいるか』を紹介。そこに一切コメントが無かったが翌日さっそく「管理人のみ閲覧で」コメントがあった。ふふふふ。
http://mahoroba13.blog.fc2.com/blog-entry-204.html


『いるか』と阿呆驢馬フミフミには共通点が有る。例えば、「B層」「似非」常用の他に金融関係者とかシリア政府支持とか欧米支配層陰謀論者とかアニメオタクとか反原発とか同一人物推測材料として充分。

ただ、『いるか』は力無い五十男の感じで『非国民』の方は三十代の感じ。加え、『いるか』は昨年五月三十一日付け記事で「東京を去る」事にして現在長野暮らしとある。
http://mahoroba13.blog.fc2.com/blog-entry-53.html

二年前の記事には北九州出身で「中学生になった息子が元気にサッカーをやる」そうだが、九州弁で無く関西弁が多いのは何故だ。対して阿呆驢馬フミフミは京都勤務後にに海外移住とある。二人は別人かそれとも「芸の細かい」工作か。むむむ。


因みに2ちゃんねる投稿はイルミナティー陰謀論者の『いるか』と証明済み。対し、「黒い豚朗」とYahoo!知恵袋やリチャード・コイズミのブログで投稿したのは『雨霽れ月朦朧の夜』のスーリア。

その九月十六日付け記事「知恵袋のB(層)な方々」には、「シリア情勢に関して、ヤフーの知恵袋にも8月末の例の化学兵器事件以降、大量の質問が寄せられている。
しかも複数回答がついているのが大半」と白々しい。
http://ugetsu527surya.blog.fc2.com/blog-entry-25.html


このスーリアとフミフミは同一人物。さて、昨日にブログ『雨霽れ月朦朧の夜』を紹介しましたが、今までコメント投稿はゼロだったのに急にコメント殺到して人気上昇(笑)。フミフミ、礼くらい言えよ。
http://ugetsu527surya.blog.fc2.com/blog-entry-29.html#cm

コメント欄で、「知人だけが読んでいると思っていた当ブログまで、Qはチェックしていましたか!? ああいう「かまってちゃん」は、迂闊に関わると、「思い込みの三段論法」で倍返ししてくるので、無視するに限りますね」と、おお~、本物のフミフミさんでしたか(笑)。海外勤務ですね。

ま、マイナーブログのコメント欄に書いてある事は「監視している」私に読ませる工作(笑)。因みに宮崎正弘先生は御尊敬申し上げております。チャンネル桜大好きです。倉山満さん帰ってちょ。原発現実路線です。ネトウヨ間違い有りません。左翼大嫌い。匿名院生よ複数コメントよりましだろ。あ、黒井先生は右翼でも保守でも無いですよ。

え、フミフミ=道楽Qだって?貴方の実に優れた分析力におまかせします。あいまい戦略(笑)。でも、一言謝れば良いのに。オマエら日本人だろ。
  1. URL |
  2. 2013/10/10(木) 03:25:26 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

しかし、一体何でそんなに嘘を重ねるんだ...。
  1. URL |
  2. 2013/10/10(木) 08:24:06 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

「シャイロック」様


非礼でした。発言を撤回します。私は情弱なものでツイッター製作どころかブラインド・タッチも出来ません。だからか誤字脱字が非常に多い。

フェイスブックの見方も知らない。そもそも二年前まで自分専用パソコンすら所有しませんでした。必要に迫られ買ったのは台湾メーカーの二万強の製品。これが一台目。

別に宇宙から来た欧米支配層イルミナティーの新世界秩序の総背番号制が怖くパソコンを所有しなかった訳でありません(笑)が所有物を極力減らす主義だったという事です。

御提案は有難く頂戴して置きます。
  1. URL |
  2. 2013/10/11(金) 01:12:06 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

 『インターネットスパイ』フミフミは一人何役もやるのが至上の喜びとなったジキルトとハイドか。重度の統合失調症なら救えない。やるならもっと上手くやれよ。

しかも、「フミフミ死亡説」を「インターネットを使った情報工作」をテーマにしている大学院生」に言わせているが、客観性を問われる学徒がアカデミックな素養が皆無な発言。

「(引用開始)f(フミフミ)氏は10年ちかい前の方です。さいきんの活動は検出できません。存命かどうかもわかりません(引用終り)」と根拠無く言う阿呆。


ま、在日朝鮮大学か金正日政治軍事大学ならありか。


普通に考えれば黒井先生が情報史研究会と近いと分かるし、情報工作研究の中心は米国のアル=カイダ研究。
http://ugetsu527surya.blog.fc2.com/blog-entry-29.html#cm


しかし、フミフミが「存命かどうかもわかりません」というのは不気味。もしか北朝鮮工作員の「背乗り」で誰かと入れ替わったか。そもそも本人を見た人はほとんど居ない。

一年半前までブログ『萌えてる非国民』では殆ど中東関連記事が無かったが、削除直前にはシリア政府公式サイトの如くと化した。mahoroba23がフミフミであったと漏らす記事はそのずっと前である。

mahoroba23の「海外出張」とは替わりが北朝鮮に帰った事を示すのだろうか。ブログ削除は証拠隠滅か。
  1. URL |
  2. 2013/10/11(金) 04:11:07 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

『インターネットスパイ』のフミフミを買被り過ぎた。

「B層」「似非右翼」と言うキーワードの司令塔はリチャード・コシズミでフミフミは信者の一人に過ぎない。

信者は黒井先生が「国際金融資本の陰謀に加担している」という認識なんでしょう。


廃止されたフミフミのブログ『萌えてる非国民(mahoroba23.com)」と2ちゃんねらーの赤髭のブログ「まほろばいるか(mahoroba13.blog.fc2.com」がどう関係あるかは結局解明出来ませんでした。

両者は黒井先生のブログの記事だけでなくコメント欄を事細かに監視していたが偶然の一致か。

別人としたら余計気持ちが悪い。「秘密結社」の存在でもあるのか(笑)。恐らくは黒井先生が「救う会神奈川」に関わるのを快く思わない「反核」の人々がいるのでしょう。

一段落着いたので一ヶ月間の書き込み自粛します。
  1. URL |
  2. 2013/10/11(金) 08:27:01 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

ドクリツトウノミナサマ、モウスグデス。オタガイニガンバリマショウ。
http://www.youtube.com/watch?v=0awdTSFh-hY
  1. URL |
  2. 2013/10/17(木) 23:40:36 |
  3. 匿名 #-
  4. [ 編集]

ドクリツトウノテキハユダヤトトテンノウトシーアイエイトネトウヨトコウアンデジンミンカイホウグンガミカタデスネ。
http://www.youtube.com/watch?v=LQ5SlZjmoZw
  1. URL |
  2. 2013/10/20(日) 04:34:42 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

オット、ワタシハジシュクチュウノミデシタ。
https://twitter.com/rolelei/status/387126000506515456
  1. URL |
  2. 2013/10/22(火) 00:44:27 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

わはは!ゲラゲラ わはは!ゲラゲラ
http://ameblo.jp/nihevuxa5213/entry-11528140915.html
わはは!ゲラゲラ わはは!ゲラゲラ
http://ameblo.jp/nihevuxa5213/entry-11561510263.html
  1. URL |
  2. 2013/10/22(火) 01:06:39 |
  3. 匿名 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1317-9a506a85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。