ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリアに行ったことがない方へ

 インテリジェンスの基本の話をします。
 シリアに行ったことがない方は、要するにシリアのことを知りません。なので、あそこがどういう国なのか、行ったことがある外国人、あるいはシリア人が書いているものや発言から、分析し、推測することになります。
 私の場合、「30年前からときどきシリアに短期滞在」「20年間シリア人(スンニ派モスレムの庶民層)の親戚としてシリア社会と接点があった」「エジプトに短期居住経験がある」「そこそこ世界各地の紛争現場の取材経験がある」「情報収集・分析を少し学び、業界の底辺ながらそれを生業としている」という立場で、自分の見聞とリアルタイムの情報収集をもとに、「アサドは最低の極悪大量殺人犯」と認識しています。これは私の立場で、さまざまな情報収集をした結果ですので、それはひとつの「情報」と捉えるべきです。
 他にも、シリアに行ったことのある人の情報発信を広くフォローしてみてください。私と同じ認識の人もいれば、違う認識の人もいます。私には不思議でなりませんが、「アサドはいい人間だ」と仰る方もいます。
 それぞれどういった立場でシリア社会と接したのか、どういうところから情報を得ているのか、さらにはどのくらいの情報分析スキルがありそうか、あるいはどのくらいの人間や社会に対する洞察力がありそうか、といった点を勘案(推測)して、それぞれの情報発信の参考度を嗅ぎ分けてください。これが基本セオリーです。
 私を含め、シリアに行ったことのある人の見聞はすべて「参考情報」です。認識を共有するかどうかは各人の後の判断ですが、とりあえずそれらの情報はすべて参考になります。
 シリア問題で発言していると、この基本セオリーができていない反響を散見します。シリアもしくは少なくとも中東アラブ圏の経験のない方は、私の発言にせよ、他の方の発言にせよ、頭から拒絶するのではなく、発言者がどういう立場で見聞してきたのか、どういう情報源に頼っているのか等々を考えてみるべきでしょう。
 私を含め、シリア経験のある人は、シリアの一部は知っています(シリア人でも個々人がシリアの全部を正しく認識しているとはかぎりません)。シリア経験、あるいはアラブ経験のない人は、まったく知らないことを自覚し、情報収集と分析の精度を上げていくしかありません。

(追記)
 当エントリーに対し、ツイッターで下記のようなご意見をいただきました。
「実際に行ったからその人の意見が全てとはならないと思いますよ」
 もちろんそのとおりです。自分も含め、ひとりひとりの経験者の見聞は無数にある「情報」のワン・オブ・ゼムに過ぎません。これも基本です。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/19(木) 10:54:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<日英安全保障協力会議 | ホーム | シリア政府による化学兵器の使用 可能性大(HRW)>>

コメント

黒井先生は御存知か知りませんがイスラエル映画で『シリアの花嫁』というのがありました。
http://www.bitters.co.jp/hanayome/

シリア支配層はアラウィー派に加え同じシーア系のドルーズ派とキリスト教徒とスンニー派知的階層及び都市生活者。ドルーズ派はレバノンとイスラエルとシリア及びヨルダンにいるが、所属国家に忠実なのが特徴。

例えば、イスラエルのドルーズ男性は他のアラブ系と違い義務兵役に行く。(女性は免除)。レバノンでは伝統的に国防大臣はドルーズ教徒。シリアでもドルーズ教徒は国家運営に深く関わっている。


映画で語られるのは、イスラエルに占領下ゴラン高原のドルーズ教徒で、イスラエル本土の同族と違い親シリア。イスラエル政府は婚姻によるドルーズ教徒の出国は認めるが再入国は認めない為にシリアの同族と結婚する女性は家族と永遠の別れになる。

セリフで花嫁の父親が就任間もないバシャール・アサドの事を「ライオン(アサド)の息子はライオン」と初演説を褒めちぎる。祖国に忠実な父親の為に見知らぬ男性に嫁ぐ家族思いな娘。要は悲しい映画。


で、映画の感想をイスラエルのドルーズ教徒女性に聞たら、「あれ、変だった~」というのでビックリ。何でかと聞くと、「シリアに嫁ぎたい女の子なんて居ない」と断言。

それで、その話を今度はシリア留学した日本人女性に話したら真っ赤になって怒る(笑)。事実でも受け入れ無い。これが日本人アラビスト。


ま、普通の感性が有れば、アラブ中東に土地勘が無くとも、シリアの様な異様な監視国家は旧東ドイツなどに関する知識が有れば想像力が働くと思うのですが。

善き人のためのソナタ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15161500
シュタージ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B8
  1. URL |
  2. 2013/09/19(木) 17:27:02 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

韓国紙朝鮮日報(略して朝日)から


「(引用始め)【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の対内向けラジオ放送である朝鮮中央放送は18日、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が先ごろシリアのアサド大統領に誕生日を祝う電報を送ったところアサド大統領から返信があったと報じた。

 アサド大統領は返信で金第1書記の祝電に謝意を表すとともに、「あなた(金第1書記)とあなたの家庭が健康で幸せであることと、親善的な朝鮮人民にさらなる発展と繁栄があることを願う」と述べた。

 これに先立ち、今月11日、金第1書記はアサド大統領に48回目の誕生日を祝う電報を送った。金第1書記は祝電で北朝鮮とシリアの親善関係が強化されることを期待すると表明した。

 これは、シリア政府軍に化学兵器使用疑惑が持ち上がったことを受けて国際社会が軍事介入をめぐる議論を進め、北朝鮮とシリアの化学兵器協力の可能性が提起された際に行われたため注目を集めた(引用終り)」。


似た者同士は馬鹿者同士。 
  1. URL |
  2. 2013/09/20(金) 10:46:56 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

古森義久さんが良い記事を書いてます。

北朝鮮はシリアの同志、オバマ政権の「弱腰」でますます増長?
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38717
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38717?page=2
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38717?page=3
  1. URL |
  2. 2013/09/20(金) 11:31:26 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

また、堀田佳男氏はシリア代理大使が神に誓い平然と嘘を吐いた事を指摘。私と同じ事が気になった様。

「(引用開始)(シリアのワリフ・ハラビ駐日代理)大使は微笑を浮かべてはっきりと次のように答えた。「神に誓って言えます。化学兵器は使っていません」

―化学兵器の備蓄があると思う。ロシアから持ち込まれているはずだ

「そんな事実は一切ありません」

だが9日、それが虚言であることが分かる。シリアのイターム・ムアレム外相がモスクワでロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と会談。シリア政府として初めて、化学兵器の保持・備蓄を認めたのだ。12日にはバッシャール・アル=アサド大統領もこの事実を追認した。

(略)米国の軍事攻撃は一時的に回避されたが、これまで築き上げてきたシリア政府要人たちの言説は一瞬にして論拠を失った。(略)ハラビ駐日代理大使は筆者の目をしっかりと見据えながら返答したのである。(略)政府の中枢にいる人間がこうした虚言を吐く限り、化学兵器をすべて国際管理下に置くという合意をシリアが履行するか疑わしい(引用終り)」。

化学兵器を国際管理に置くことにしたシリアの欺瞞
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38708
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38708?page=2
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38708?page=3
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38708?page=4
  1. URL |
  2. 2013/09/20(金) 11:32:27 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

ほ~お。北朝鮮とロシアだけでなくドイツも。面白~い。

連中はシリアに化学兵器弾頭ミサイルをイスラエルに打ち込ませてユダヤ人を絶滅するつもりだった(笑)。

相当のワルだな。


シリアにサリン製造可能な化学物質輸出 独、02~06年に100トン超
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130919/erp13091910520001-n1.htm
  1. URL |
  2. 2013/09/20(金) 11:51:25 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

「勝てば官軍、負ければ賊軍」。薩長のテロリスト達が幕府のエスタブリッシュメントを倒した様に、反政府軍の官軍化とアサドの賊軍犯罪人化及び絞首刑はそう遠く無いかもしれません。

米CIAの武器供与に続きフランス製武器が反政府軍に届くのも案外近いかも。新政府の主力戦闘機はミグじゃなくてミラージュかな。

仏大統領、シリア反体制派への武器供与を初めて示唆
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE98J00E20130920

シリア政権側の責任に疑いの余地ない、国連報告書で=仏外相
http://jp.reuters.com/article/jp_mideast/idJPTJE98G00220130917
  1. URL |
  2. 2013/09/20(金) 12:09:34 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

日本に置き換えたアナロジーでも同じようなモンだと思いますけどね~。日本人だからって画一的な政治観や世界観に落とし込めるハズがないので、われわれ日本人であっても個人個人の日本論、日本観というのはワンオブゼムでしかない部分もあるでしょう。
  1. URL |
  2. 2013/09/22(日) 23:29:28 |
  3. AJAX #-
  4. [ 編集]

ラブラインです。

ラブラインです。
毎日、ブログ更新お疲れ様です。
また、ブログを読みに来ます。


ラブライン
  1. URL |
  2. 2013/09/24(火) 19:09:35 |
  3. ラブライン #v8P6vu1.
  4. [ 編集]

ラタキア周辺で、自由シリア軍のアスアド大佐と複数の幹部が政府軍により殺害されたとの報道がありますが、黒井先生は、何か情報は
ご存知ですか?アスアド氏は片足切断以来、トルコにいると思っておりましたが。
  1. URL |
  2. 2013/10/03(木) 14:18:53 |
  3. ムスタファ・ケマル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1314-0968d285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。