ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たった一人のデモ

 一昨日にJBpressに寄稿したシリア記事に、多くの反響をいただきました。ありがとうございます。
 前エントリーでも書きましたが、プライベートな事情を公開するのは抵抗があったのですが、それでも人々に話を聞いていただくためにはと決断しました。
 元妻は現在、シリアの某隣国で難民支援活動に携わっています。彼女が言うには、現在、彼女の周囲のシリア人の多くは、アメリカの軍事介入に期待していたのに、一向に動かない様子なので非常に落胆しているとのことです。
 下は昨年、元妻がたったひとりで、青山の国連大学前で反アサド・デモを行ったときの写真です。道行く人々は、ほとんど関心を示しませんでした。
 人づてに日本の人権団体の人とも会ったのですが、問題意識がまるで違っていて、残念ながらまったく会話になりませんでした。
unutk.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/09/11(水) 08:51:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<いまだにシリア化学兵器使用はどっちか?と思っている方へ | ホーム | シリア現地の声vs独裁政権プロパガンダ>>

コメント

問題意識がまるで違っていてという点が気になりましたので、もし差し支えなければ解説をいただけないでしょうか?
  1. URL |
  2. 2013/09/12(木) 22:26:11 |
  3. AJAX #-
  4. [ 編集]

 アサド政権による人権侵害は理解していただけたのですが、反体制派が同じように人権侵害しているとのご認識でした。
 また、いちばん面食らったのが、リビアの話になったときに、「NATOの軍事介入によってリビアが酷い状況になった」と仰られて、それを聞いた瞬間に、私と元妻は内心諦めました。
 ただ認識の違いということですので、べつに冷たくあしらわれたとかそういうことではなく、忙しいなか話を聞いていただけたことは感謝しています。
  1. URL |
  2. 2013/09/12(木) 22:37:35 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

元奥様のご無事をお祈りいたします

はじめまして。普通のサラリーマンをしておりますハンドルネーム散策です。
JBpressの文を拝見し、検索からお邪魔させていただきました。
元奥様が昨年お一人で国連大学前で反アサド・デモを行ったと拝見し、コメントしたくなりました。
数年前リビアでの自体に日本でも渋谷でデモがありました。
留学生を中心にした国際政治学者の高橋和夫さんも参加されました。
教え子のかたがデモに参加されていたそうです。
先日、エジプト大使館前でクーデター後の銃撃に日本人を中心にした抗議があったときも、高橋さんは来てくださいました。
先月だったか、シリア大使館前で一人でスタンデイングをしてきました。
殺し合いをやめてもらいたいという趣旨で、住宅地近くにつき、サイレントでプラカードを掲げてきました。
シリアでのデモとそれへの攻撃がなされる中、世界でのデモがシリア政権の非道を止める圧力にならなかったことが、残念でなりません。また、その後の手が打てなかったことも。
赤坂署のかたに伺ったところでは、シリア大使館前の抗議はこれまでほとんどなかったとのことでした。リビア大使館前の抗議も、エジプト大使館前の抗議も、それぞれの国の人にとっては、身内のかたの安全にも関わり、ハードルの高いことでしょう。
先週、イラン大使館前でスタンデイングをしてきました。
私は、ジュネーブ会議での和平しかないのではないかと思っています。
イランがシリア政府と同様のスタンスをとっている限り、反体制派のその後の安全は保証されず、和平への道は開けません。イランが反政府側をテロリスト呼ばわりをやめ、和平に向けて積極的にイニシャテイブを取ることが必要ではないかと思ったのでした。
元奥様の安全をお祈りいたします。
とりとめの無い文章になりまして申しわけございません。
  1. URL |
  2. 2013/09/16(月) 14:40:36 |
  3. 散策 #TY.N/4k.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1306-a912cc2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。