ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリア現地の声vs独裁政権プロパガンダ

 駐日シリア代理大使が記者会見。
▽米報告書に強く反論 シリア代理大使(産経)
 発言の中には、こんな言葉もあったようです。
「国際社会―国連には「いつでも来て調べてください」と言っている。テロリストがこんなことをやっているとお見せしたい」
(▽シリア代理大使 「米国につき従ってはいけない」)(ブロゴス/田中龍作氏レポート)
 もちろん嘘ですが、彼女は嘘を言わないと本国の一族が酷い目に遭わされる立場にいます。
 この代理大使のことは知りませんが、胸元の大きく空いた服装で公の場に出るのは、シリア政府機関幹部としては珍しいですね。自分たちはイスラム過激派と戦う西側基準の仲間だというアピールでしょうか。

「反体制派は外国の支援を受けるテロリスト」とか「化学兵器使用は反体制派の自作自演」とか、ネット上だけの戯言かと思っていましたが、最近のシリア報道で、意外と日本の論調で影響力があることに少し驚いています。
 大雑把に言えば、日本の論調は、「現地の声」と「独裁政権のプロパガンダ」が同格の両論併記で紹介されている印象があります。
「シリア情勢は国外勢力の思惑が錯綜し、そう単純な話ではない」
 現地事情がわかりづらいためか、こんな言説が多いようですが、日々殺され続けている現地の人にとっては話は単純です。
「誰でもいいからアサド政権を倒してほしい」

 私はなんだかんだと20年の縁があり、日本人記者としては誰よりもシリア社会と長く、深く接してきました。今でも知人が多いですし、なにより自分はかの国をルーツのひとつとする子供たちの父でもありますから、自分にはこの問題では声を上げる責務があると思っています。
 ということで、JBpressに寄稿しました。
▽「どこの国でもいいから助けてくれ!」 シリア国民の悲痛な叫びを聞いてほしい(JBpress)

本当はあまり私的なことは公開したくないのですが、やはり私の知るシリア国民の声を、もっと広く皆様に聞いてほしいと思っています。
 同じような理由で、先週発売の『週刊朝日』に寄稿した「アサド政権の化学兵器使用と恐怖政治」という記事中でも、自分の元妻がシリア人であることを明かし、アサド政権の邪悪な本質を紹介しています。
 こちらは記事の一部が、同誌提供でdot.に2回に分けて転載されています。
▽シリア秘密警察 日本人軍事ジャーナリストにスパイ嫌疑
▽シリア情勢 日本の報道と現地には温度差
 今回、現地の声を広く知っていただくために私的な事情を公開しましたが、私の分析と判断は、むろん単なる個人的人脈からの情報だけに頼っているわけではなく、これまでの取材経験や、広範囲の情報収集・分析に基づくもので、それなりに自信を持っています。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/09(月) 09:33:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:24
<<たった一人のデモ | ホーム | 迷走のシリア問題言説>>

コメント

>胸元の大きく空いた服装で公の場に出るのは、シリア政府機関幹部としては珍しいですね。自分たちはイスラム過激派と戦う西側基準の仲間だというアピールでしょうか。

バース党支配の世俗国家ならありえるかと思ったが、やっぱり宣伝工作か。私も引っ掛かって、アサド政権良いじゃんと思いかけた(笑)。

最近友人が「ロシアのプーチンは化学兵器使用は反体制派の自作自演と言ってるがどう思う」とヨルダン川西岸地区に住む数人のパレスチナ人に聞いたところ肯定する者は誰もいなかった。当然の様に皆が「アサドがやった」と答えた。

アラブ人のメンタリティーから言っても自分の見方に「自作自演」は難しいだろう。
  1. URL |
  2. 2013/09/09(月) 16:03:04 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

見方じゃなくて味方。失礼。
  1. URL |
  2. 2013/09/09(月) 16:08:33 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/09/09(月) 17:29:11 |
  3. #
  4. [ 編集]

ご親類が大変な状況であること、大変お辛い気持、心中お察しします。

しかしながら、今回の黒井さんのご意見はジャーナリストとしては不十分であると思います。

全てのリンクを確認し、熟読しましたが、黒井さんご自身が仰っているように反体制派市民の悲痛な叫びは一部のサンプルでしかありません。それを大多数の国民も同じであると断定されるのは、横暴と言ってもいいくらいの飛躍です。

おそらく、ご自身のシリアでのご経験をもとにそのように推察されているのでしょうが、それはあくまでも「推察」です。その根拠はどこにあるのでしょう?

また、現地の友人とコンタクトを取ったのがいつかも示されていません。

反体制派の大多数はシリアの一般市民で、武器は政府軍から奪ったものだとされておりますが、戦車や9M113コンクールスなどが簡単に奪えるものなのでしょうか?外国からの武器供与によるものではないのですか?
http://www.youtube.com/watch?v=A2jhrn-o3II(戦車)


また、UNシリア調査団のCarlaさんが今年5月に「反政府側がサリンガスを使用した」と言っているのをご存知ですか? 
http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-22424188

サリンはトルコから持ち込まれたという報道もあります。
http://www.globalresearch.ca/turkey-finds-sarin-gas-in-homes-of-suspected-syrian-islamists-may-report/5347523

また、Calraさんは8月に現地を視察してきたことを踏まえ、「軍事介入はすべきではない」と言っています。
http://www.utsandiego.com/news/2013/sep/09/un-rights-chief-condemns-use-of-chemical-weapons/

また、以上のソースは全て「ロシアのメディア、イラン・ラジオ、アブハジアのテレビ」ではないことを付け加えておきます。黒井さんが言う反アサド派の「欧米主要メディア」もソースにあります。

黒井さんのお辛い気持は理解しますが、それをジャーナリストとして感情論で偏った見方に基づいた、また不完全な取材に基づいた主張はやめたほうがよいと思います。

kudo
  1. URL |
  2. 2013/09/10(火) 11:46:50 |
  3. kudo #skV5uDp6
  4. [ 編集]

東風平隆志です。

東風平隆志です。
今回は、ブログを読んで感動しました。
突然のコメントすいません。
また、読みに来ます。
私は、法学者に憧れています。
学生時代に法学者の林田学さんのセミナーを見て凄いと思いました。
是非、お時間が空いたときに林田学さんのセミナーを見て下さい。
林田学さんのセミナーも勉強になりますよ。
東風平隆志でした。
  1. URL |
  2. 2013/09/10(火) 12:10:51 |
  3. 東風平隆志 #UoJNG4XU
  4. [ 編集]

広瀬理基です。

広瀬理基です。
今回は、ブログを読んで感動しました。
突然のコメントすいません。
また、読みに来ます。
広瀬理基でした。
  1. URL |
  2. 2013/09/10(火) 18:44:24 |
  3. 広瀬理基 #/zl.AYOI
  4. [ 編集]

ロシアが提案した化学兵器国際提案を各国飲みそうですな。
まあ米仏も振り上げた拳の根拠がどんどん怪しくなったのを察したようで(笑)
内心は止めるメンツ立つ提案出してくれたロシアに感謝してるんじゃないですかw

結果的には黒井さんがプロパガンダとおっしゃるところのロシアの外交、情報に分があったようですね。まあ客観的に見ても今回はシリア政府側を完全に悪とする論調には無理があったわけですし
黒井さんも私情が入ったような偏った分析してるとどっかの軍事評論家みたいに
逆神なんて呼ばれちゃいますよ(笑)
  1. URL |
  2. 2013/09/10(火) 22:42:10 |
  3. 74 #-
  4. [ 編集]

やれやれ・・ここぞとばかりに反米情弱が小躍りしとるな。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MSUXGL6K50YW01.html

これ読みゃわかるがそもそもロシアが出した提案じゃないし根本の発言をした人自体が「言葉のあや」って言ってるわけで。
「シリア化学兵器の国際管理」なんて実現性の怪しい米国務長官の「言葉のあや」をさも自分の提案かのように大々的に発信してること自体が
「シリアは化学兵器管理を受諾しているのにそれを攻撃するアメリカはなんて無法な国なんだ」というロジックを
世界にばら撒くためのロシアのプロパガンダなんだよ。
しかもこのプロパガンダの巧妙なところは仮に今後の国連調査でシリア政府側が化学兵器を使ったって結論が出ても
「でもそれを国際管理下に置くことには同意しているよ」というシリア政府の逃げ道を用意しているところだ。
シリア政府の化学兵器使用がバレてもそれを攻撃するアメリカをけん制する空気を国際社会に作ろうとしてる。
いかにもロシアがやりそうな手だよ。

反米情弱は潜在意識的に反米情報探してるせいか、反米情報ならチェックもせずに飲み込むから困ったもんだ。
  1. URL |
  2. 2013/09/10(火) 23:40:54 |
  3. ジョン・ヤング #-
  4. [ 編集]

kudoさんの上げられた情報の意味が今ひとつわかりません。

戦車を捕獲なりなんなりするのは古今の戦場で見られることですし、内戦であればより容易であると思えます。
もちろん、兵役のある国で一般市民が戦車を扱えても特に不思議には思えません。
逆に、外国が戦車のような目立って扱いの難しい物を援助したと考えられるのが不思議です。仮に本当に秘密裏に援助しているのであれば、戦車でなく対戦車兵器を供与すれば済む話に思えるのですが。
わざとばれるような援助をしている(何のために?)とでも考えない限り戦車が外国起源と考えるのは難しいと思います。

Del Ponte 発言にしても、中身を見ると「サリンが使われたという強い疑いはあるが証拠はない」とか政府軍が使った可能性もあるとか、どこでいつ使われたかは語らなかったとか、見出しのショッキングさの割に中身がなんともよく分からない記事に見えます。

globalresearch.caに至っては未だに911陰謀説が大手を振って罷り通っているようなサイトであり、なるほどそういうサイトなのかとしか思えません。
  1. URL |
  2. 2013/09/10(火) 23:51:46 |
  3. うそこばん #mQop/nM.
  4. [ 編集]

「kudo」と「東風平隆志」と「広瀬理基」と「74」は同一人物。

憑着霊みたいな、「道楽Qです。今回は、ブログを読んで感動しました。突然のコメントすいません。また、読みに来ます。道楽Qでした」的なストーカーは本人は愉快犯のつもりなのだろうが歪んだ精神の持ち主でアブナイ。結構キビシイ人生送っているのだろう。分裂症かも。

何年も前にスキゾが狂ったところを見たがあるが、そりゃ怖いなんてもんじゃない。映画『エクソシスト』の主人公そのものだった。あの異様な目が忘れられない。

「偽装捜査員」もネームを変えて何回も書き込んでいるので主張が有る(それなりに真面目な)在日かナイーブな馬鹿左翼かと思いきやそうで無さそう。結構黒井先生に嫉妬するライター仲間だったり(笑)。いずれにしても報われてない。だから論理的で無い個人的中傷が多い。

技術的な事を言えば複数のネームでも「バックパッカー」など同じキーワードを使い気付かない知能ではどんな事やっても成功は無理。

「kudo」では文体を変え黒井先生に同情する風を装ったが全然して無いのがミエミエ。論理的に書いたつもりかもしれないが最初から自分の言いたい事が出過ぎ。自分をコントロール出来ない。実年齢はともかく精神年齢はかなり幼稚。

「kudo」を書いて時間差を置かずに「東風平隆志」を書いたので同一人物の臭いが濃厚となった。「東風平隆志」と「広瀬理基」が同一人物なのは言うまでも無い。

「74」では道楽Q流に「(笑)」マークまで入れた(笑)。

「どっかの軍事評論家みたいに 逆神なんて呼ばれちゃいますよ」という発言。「逆神」と呼ばれたのは田中宇である。一見(「偽装捜査員」が賛同した)田中を手のひら返して貶めるので別人物かと思うが、そもそも田中を出す時点で「偽装捜査員」と「74」が同一人物の可能性が高い。

「kudo」+「東風平隆志」+「広瀬理基」と「74」(+偽装捜査員)は同一人物かということだが、やや論理的な「kudo」とおちゃらけの「74」は少し違う様にも見える。だが、主観的なところと同じ結論をグルグル繰り返すところと複数ネーム使用の前科からしてこれらは同一人物「偽装捜査員」であろう。

しかし、「偽装捜査員」にとり自国民を戦闘機で虐殺絶滅するアサドの加担する事が何か意味のある事なのか。





  1. URL |
  2. 2013/09/11(水) 02:24:14 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

あらためて思うがオバマという男は実に優柔不断。ジミー・カーターの再来か。ま、ブレーンにカーター時代の大統領補佐官ブレジンスキーという疫病神が居れば何も決められんだろう。

これで済ませばアサドはいずれまた化学兵器を使う。そもそも、ロシアやシナは北朝鮮の核兵器に対し対処出来なかった。イランはそれを先例として学びイスラエルとの対決は時間の問題。

米国はシリア程度で何も出来なければ中東や東アジアで影響力を今後維持出来なくなる。尤も米国が中東に釘付けになるのを望むのは(尖閣を狙う)シナと(核問題の)北朝鮮で私も賛成出来ない。

ロシアの立場は2003年のイラク戦争時のフランスの立場と同じで自国の利益のみを考えている。立場が変わったフランスなどは英国以上に積極的(笑)。

ドイツはイラク戦争時にフランスに付き合い政治的に米国に反対してみせたが、一方でドイツ情報部は人一倍米国に戦争協力した。今回もドイツ政治指導部は遠まわしで見ている一方でドイツ情報部は米国に協力。

英国も実際に戦闘に加わら無くともロシアの偽情報を見抜くなど米国に情報協力出来る。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130911/erp13091100140001-n1.htm

対外諜報機関の無い日本は米国に政治的支援してもディープな中東情報など無いくそういう芸当は出来無い。せいぜい帰って来る筈も無い北方領土を人参にぶら下げられ風見鶏的に同盟国と潜在的敵国を天秤に掛けて信用を失うのがオチだ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130910/plc13091019380013-n1.htm
  1. URL |
  2. 2013/09/11(水) 06:26:49 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

それから、自分で何かやっといて他者の所為にするやり方は「北朝鮮流」と言いましたが元々はロシアが起源。

カチンの森事件ではソビエト軍がポーランド将校を虐殺しておいてドイツ軍の所為にした。そして長年涼しい顔をして五十年経った冷戦後まで真実が明らかにならなかった。

あと、『ワールド・インテリジェンス』誌の八号で橋本力氏が旧ソビエトKGBのプロパガンダ手法を暴露。冷戦中に「ユダヤの陰謀」を広めたのは同機関であった。

もしも「偽装捜査員」氏が純粋に国際問題に興味があるなら旧共産国のプロパガンダ手法を調べてみればいろいろと見えてくると思うが。


田中宇氏の場合は八割が「客観的な」情勢分析で一割が勘違いで一割が意図的な偽情報。しかも、大量なデーターを流すので余程注意深くないと一つ一つの作為が掴めない。

ただ、結論はいつも同じで独裁国を持ち上げるだけ。情報通の友人によれば田中は某国で或る人にインタビューしたら、「オマエ本当に英語解っているのか」と言われたそうで、英語は読むのは得意でもコミュニケーション能力は低い。

その点が青山繁晴や黒井先生と違う。糞(田中)と味噌(青山&黒井)を一緒にしたり半々にするのはどうか。情報は公開情報の分析も大切だが、現地に行き初めてその本当の意味が分かる事もある。

正直シリア情報機関や秘密警察を皮膚感覚で知るというのは極めて貴重。そのインテリジェンス経験から北朝鮮を理解しているのだから暇潰しでネット情報集めた夢想家&工作員もどきとはレベルが違うでしょう。
  1. URL |
  2. 2013/09/11(水) 07:45:57 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

うそこばんさん、道楽(どら)Q さんへ

うそこさん、

ご意見ありがとうございます。

下記のLAtimesの報道では米国は武器供与をするだろうという公式発表をしているほか、すでに軍事訓練をおこなっているとなっています。LAtimesも信用できないソースなのですか?
http://articles.latimes.com/2013/jun/21/world/la-fg-wn-cia-syria-20130621

また、9M113コンクールスについてはどうですか?
http://www.youtube.com/watch?v=Jac7VGjzBnw


また、BBCの報道ですが、最後までしっかりとご覧になりましたか?
カルラさんの発言として"I was a little bit stupefied by the first indications we got... they were about the use of nerve gas by the opposition," she said.
と報道されていますよ。

globalresearch.caについてはよく調べず失礼いたしました。お詫び申し上げます。


道楽(どら)Q さん

私は広瀬理基、東風平隆志とは全く関わりはありませんよ。

うそこばんさんのように、論理的に批判していただくのは有難いですが、あなたのように感情的だた幼稚だというのは意味が分かりません。

批判されるならされるで、その論拠を示してください。ないのならばあなたこそ幼稚です。

私は黒井さんのお立場に同情はしておりますが、ジャーナリストとしての意見は不十分または論拠に欠けていると言っただけです。

kudo


  1. URL |
  2. 2013/09/11(水) 09:33:35 |
  3. Kudo #-
  4. [ 編集]

「kudo」様

>私は広瀬理基、東風平隆志とは全く関わりはありませんよ。

それは大変結構。さらに「74」及び「偽装捜査員」とも別人ならば尚更。(私が想定した人物と)少し文体が違う(丁寧と言うか普通というか)と思いましたが一応確認の為にボールを投げてみました。

まともなやり取りの出来る方の様で無礼な発言を御許し下さい。相手により挑発的な書き方をしてみるのですが論理が通用する方なら意見の相違に関わらず言う事は御座いません。

「自分をコントロール出来ない。実年齢はともかく精神年齢はかなり幼稚」と言うのは「kudo」様の御意見に特定して書いた物ではなく、ある想定した人物の発言及び振る舞いに対しての全体的評価ですが「kudo」様の部分に関しては訂正させて貰います。悪しからず。

なお、「kudo」様の御意見に関して今回コメントは控えますが、近いうちにそうする事があるかもしれないので、またその時は宜しく御願いします。
  1. URL |
  2. 2013/09/11(水) 10:46:20 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

テロリストがアラウィ派の村々を襲っているとの情報も

http://rt.com/op-edge/mother-chemical-attack-footage-fraud-509/

テロリストがアラウィ派の村々で虐殺を働いているという、シリア在住20年のカトリックのシスターの告発ですね。虐殺、惨殺という言葉がぴったりの内要です。
今回のサリン虐殺も、事件が起きたのが3-5時で、6時5分にロイターが複数の画像をアップしてういるのは早すぎると疑っています。事前の捏造では無いかと(根拠は希薄ですね)

双方が情報戦を繰り広げる中で、シリア市民の死者が増え続けています。
さらに、アメリカが空爆を敢行すれば、シリア政府軍の戦闘能力に重大な損害が発生するので、劣勢に立たされていた反政府側(テロリスト)が勢いを盛り返し、内戦は泥沼化します。まあ、筋書き通りの展開となるのでしょうか・・・・はたして、世界がそれを看過するのでしょうか?

ちょっとシリアに関しては、やり方が強引過ぎましたね。アラブの春が先行した諸国でも、その後の混乱が収まらない事が露呈し、世界中が「アラブの春」が良い事だったのかどうか疑問を持ち始めています。

そして、何よりもイスラエルが結構神経質になっています。パレスチナと和平交渉が進んでいるみたいですね。ここら辺の情報分析も興味があります。見せかけの和平なのか、本気の和平なのか・・・。イスラエルの右派が暴走し兼ねない内要だけに、和平が成立しても安心は出来ないでしょう。

  1. URL |
  2. 2013/09/11(水) 11:16:40 |
  3. 人力 #-
  4. [ 編集]

人力さんの挙げられているRT.comは他の記事の見出しが明らかに親アサドで、どんなところかと思って検索したら、いきなり
「federal budget of Russiaでファンドされてまっせ」と書いてあって、ああなるほどと思ったので記事は読んでません。

kudoさんにお尋ねしたいのですが、なんでglobalresearch.caみたいな一目瞭然の陰謀論サイトの内容を取り上げようと思ったのですか?

BBCの記事は最後まで読んでおり、該当の発言も目にしましたが、根拠は何一つ書かれていません。
言い方は悪いですが、自分の中に結論があり、それに合うようになんでも摘まみ食いしているだけではないのですか?
別にそれは個人の自由ですが、「ジャーナリストとしては不十分であると思います」という言葉を発している人の姿勢としてはどうかと思います。

戦車もM113も同じです。なんでLATimesの記事を読んでそれらを供与していると思えたのか分かりません。
私はジャーナリストでも何でもない単なる軍事オタクですが、kudoさんの意見が不十分か論拠に欠けているとしか思えません。
  1. URL |
  2. 2013/09/11(水) 19:26:51 |
  3. うそこばん #mQop/nM.
  4. [ 編集]

私がジャーナリストとしてたいしたものではないことは同意します。
 ただ、自分はシリアに関しては、他の方々と違って、たまたま現地社会に広範な情報源があります。それを伝えるのはジャーナリストの仕事の範疇ですし、個人的コネやsnsなども含めたさまざまな手段で現地情報をさらに収集し、他のメディアの現地ルポなども含めて分析し、「シリア国民の大多数の声」と確信を持ったものについては、そう発表するのもジャーナリストの仕事と思っています。
 違う「推測」があってもいいと思いますし、自分の分析が誤っていたら訂正するに吝かではありませんが、合理的な根拠がなければ参考にしようもありません。親アサド系の言説の根拠は、他の方も指摘されておられますように、ほとんど情報としては「ノイズ」のレベルです。
  1. URL |
  2. 2013/09/12(木) 17:46:23 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

黒井さん

ご返信ありがとうございます。

お礼が遅くなり、申し訳ありません。

黒井さんがジャーナリストとしてしっかりと取材され、確信をもっていらっしゃるのであれば、私から特に異論はありません。

もし、よろしければ後学のために、なぜ「親アサド系の言説の根拠は...ほとんど情報としては「ノイズ」のレベルです」とお考えなのでしょうか?

ご投稿のリンクも確認しましたが、私には必ずしもノイズレベルのものだとは思えません。

ノイズと断定される理由をお知らせいただければ幸いです。

もちろん、ご多忙であれば特にご返信をいただかなくても結構です。

どうもありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2013/09/23(月) 20:22:29 |
  3. Kudo #-
  4. [ 編集]

「さあゲームの始まりです。愚鈍な警察諸君。ボクを止めてみたまえ。ボクは殺しが愉快でたまらない。人の死が見たくて見たくてしょうがない。汚い野菜共には死の制裁を。積年の大怨に流血の裁きを

SHOOLL KILL  学校殺死の酒鬼薔薇」。


変態ブログの異様な管理人「ムハバラット23」の持つ不気味さかは一九九七年に起こった神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇聖斗を連想させる。

実はこのエントリーでの「kudo」氏と私とのやりとりを「ムハバラット23」は変態ブログで当時の酒鬼薔薇聖斗の如く嘲笑っている。あるブログのコメント欄でのやりとりを別のブログの記事にする異様さ。本人に自覚が無いだけに不気味である。

当時中学生だった酒鬼薔薇聖斗は既に少年院を出獄。恐らく関西方面に居住している筈。現在は三十代になっている。まさか、「ムハバラット23」=酒鬼薔薇聖斗では。
  1. URL |
  2. 2013/09/24(火) 13:57:05 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

以下は今月十一日付けエントリー(アーカイブ14167)の記事名『似非軍事ジャーナリストのブログが炎上中 プレイバック』(※読みたい人はグーグルで記事名入力して)。


「と思ったら、相変わらず、「道楽オバQ」がコメント欄で大失態している。またまた、「だれだれは同一人物で北朝鮮の工作員ニダ)」と騒いでいるのだが、ブログのコメント欄にSEO業者が(というか犯罪集団なんだが)が自自動で書き込むコメントスパムまで北朝鮮の工作員扱いにして、「これもお前の書き込みニダ」と大騒ぎだ。

情弱ここに極まれりだ。さらに、「お前は工作員ニダ」と言った人から普通に「違いますよ」と返事が来て、返答に困った「道楽オバQ」は一応、確認の為にカマかけているんだと意味不明な(というか失礼な)コメントしている。

あまりにも酷いコメント欄を見たら、「駄目だこりゃ」と思う事確実である。というか、こんなアウェイのブログで、自分のIP晒してまでコメント投稿する必要は無いだろう。

どうせ、バカQから「工作員ニダ」という返事しかこないんだから。シカトが一番」。
  1. URL |
  2. 2013/09/24(火) 15:03:12 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

また同じ記事で親族や隣近所がアサドに皆ごろしにされ居ても立ってもいられず反体制派支援の為にシリアの隣国に駆けつけた黒井先生の元奥様をテロリスト呼ばわり。


「あいかわらず、なんの根拠も示さず「アサドは悪、独裁者、北朝鮮と同じニダ」と言葉の暴力で人をころす工作活動に従事中だ。

某似非ジャーナリストのブログでは「たった一人の戦い」みたいな、相変わらず人の感情に訴えるという情報工作に邁進中だが、最近では「プライベートを公開するのは抵抗があったのですが、敢えて決断しました」とシリア人妻が居た事を記事にしたりしている。

ただ元妻がシリア人でシリア反体制テロリストに加担していたのは、過去既に話している事であり、いまさらの決断でも無いだろう。というか、

お前の妻とかどうでもいい。それよりも、テロリストが日本に居る事が問題だ」。
  1. URL |
  2. 2013/09/24(火) 15:33:07 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

米国連邦捜査局FBIが得意とされるのが「プロファイリング」という分野です。そして、犯罪者プロファイリングの手法には大きく三つの手法があるそうですが、一つ目が同一犯の推定、二つ目が犯人像の推定、三つ目が居住地の推定です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

私はプロファイリング訓練を受けた事はありませんが、変態ブログと『ワールド&インテリジェンス』上での「酒鬼ムハバラット23」行動を照らし合わせプロファイリングプロファイリングのセオリー通りに見るといろいろ分かる。

「酒鬼ムハバラット23」は嘘吐きですが、その前に「話を意図的にずらす」。例えば先の記事(アーカイブ14167)で、

「さらに、「お前は工作員ニダ」と言った人から普通に「違いますよ」と返事が来て、返答に困った「道楽オバQ」は一応、確認の為にカマかけているんだと意味不明なコメントしている」とある。

ま、「カマかけた」のは良いとして、kudo氏に「お前は工作員ニダ」と言った事実は無い。実際に言ったのは以下である。

「(引用開始)「偽装捜査員」もネームを変えて何回も書き込んでいるので主張が有る(それなりに真面目な)在日かナイーブな馬鹿左翼かと思いきやそうで無さそう。結構黒井先生に嫉妬するライター仲間だったり(笑)(引用終り)」。

因みに変態ブログに拠れば「酒鬼ムハバラット23」はジャーナリズムの訓練を五年受けたそうであり、「結構黒井先生に嫉妬する(元)ライター」というのはズバリ(笑)。でも朝鮮新報記者だったり(笑)。


さらに嘘吐き酒鬼薔薇「ムハバラット23」は芸が細かい。

「(引用開始)あまりにも酷いコメント欄を見たら、「駄目だこりゃ」と思う事確実である。というか、こんなアウェイのブログで、自分のIP晒してまでコメント投稿する必要は無いだろう。

どうせ、バカQから「工作員ニダ」という返事しかこないんだから。シカトが一番(引用終り)」と何人いるか分からないブログ読者(笑)に自己弁護の嘘。

だが、実際には『ワールド&インテリジェンス』のエントリー851に私が証明した様に必要無いのに「アウェイのブログ」で「自分のIP晒してまでコメント投稿」している(爆笑)。芸が細かすぎる(笑倒)。芸術は爆発だ(笑泣)。座布団千枚持って行け(笑狂)。

勿論「偽装捜査員」は嘘吐き酒鬼薔薇「ムハバラット23」その人です。ハイ。
  1. URL |
  2. 2013/09/24(火) 17:05:40 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

「偽装捜査員」こと嘘吐き酒鬼薔薇「ムハバラット23」が変態ブログを又ブロックしてる模様。

「ムハバラット23」君、休戦するか。条件は以下の通り。


1.黒井先生の元奥様の事を「テロリスト」呼ばわりした事に対する謝罪文を変態ブログに掲載する事。

2.『ワールド・インテリジェンス』への書き込みは「ムハバラット23」だか「mahoroba23」だかに統一し複数ネーム使用を今後止める事。


休戦以降は変態ブログ記事内容に私は関知しない。

以上
  1. URL |
  2. 2013/09/24(火) 19:15:24 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

「ムハバラット23」君、まだ変態ブログをブロックしてるのか。
改めるべきところは改めた方がスッキリするぜ。

男だろ。もっとフェアーにやれよ。

もうこれ以上君自身の心を汚すな。
  1. URL |
  2. 2013/09/25(水) 10:46:16 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1305-97c86de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あなたのコンプレックスがお金になる!≪トラブル解決実績No1≫あすなろ総合調査・出会い系サイト詐欺,悪質出会い系サクラの被害相談

? あなたのコンプレックスがお金になる! ? URL: http://w3.allalla.com/comp/?※当社にて相談の多い会社になります。出会い系詐欺・悪質サクラ被害の返金・解決はあすなろ総合調査まで多大な被害に遭ってしまって泣き寝入りや諦めてしまっていませんか?わずかな証拠や
  1. 2013/09/20(金) 18:53:32 |
  2. あなたのコンプレックスがお金になる!≪トラブル解決実績No1≫あすなろ総合調査・出会い系サイト詐欺,悪質出会い系サクラの被害相談

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。