ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アサド政権の時間稼ぎ

 シリア社会と関係の深い人がたくさんいる欧米やアラブ諸国では、アサド独裁政権の信用度などゼロに近いので、メディアでも世論でも、アサド支持者など泡沫の変人扱いされています。なので、今回の軍事介入への動きに対しても、それぞれの国内では「外国への軍事介入」に関してはさまざまな異論があっても、「反体制派の自作自演説」を論拠に反対する声が主流になるなど考えられません。
 ですが、なぜか日本ではアサド寄りの人が多く、「化学兵器は反体制派の自作自演」という陰謀論が根強くあります。アサド政権の性質を理解できていないということでしょう。
 化学兵器使用が反体制派の陰謀なら、なぜアサド政権は国連の調査団の受け入れをなんだかんだと長い間拒んできたのでしょうか? それこそ欧米取材陣も含めて即時に受け入れたら反体制派の蛮行を世界に示すチャンスであるのに。
 今回の件でも、目の前に調査団がいるのに、5日もストップをかけていました。サリンの効果などせいぜい半日くらい。数日で決定的な痕跡は検出が難しくなります。
 しかも、被害地に大規模な砲撃が加えられ、化学兵器使用の痕跡をさらに消しました。後に「反体制派が使用した」と言い出していますが、当初はそもそも化学兵器使用自体をごまかそうとしていたわけです。
 インテリジェンス的にみても、米英仏の首脳や政府高官があそこまで言い切るからには、まず間違いはないですね。アメリカは数日中にも証拠を公開するということです。偵察衛星画像かと思っていたのですが、通信傍受という説が出てきました。
 それはアメリカとしても、本来なら見せたくない手の内を見せるわけですから、切り札の公開です。本当にそこまでやれば、アメリカは本気だということですから、爆撃は間違いでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/29(木) 09:25:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マーヘル・アサドの暴走の可能性も? | ホーム | ロシア情報の信憑性が低い理由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1301-3b5e3b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。