ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリア人と外国人の意識の温度差

 前エントリーで、「化学兵器を使用したのは政府軍か否か」に関して記述しましたが、私が「犯行は政府軍によるものである」と考えるいちばんの理由を書き忘れていました。
 それは、シリア人(国内居住者も国外居住者も)の大多数が、「そういうことやるのは政府軍だろ」と当たり前のように考えているということからです。私も他の外国人も、そういった皮膚感覚では所詮ガイジンであり、直感の部分では、かの国に生まれ、あるいは育った人々の感覚のほうが、たいていの場合、正しい確率が高いといえます。シリアにもさまざまな考えの人がいますが、アサド派も含め、シリアの人はほぼ「政府軍ならやりかねん」と知っています。
 こうした内外の人々の感覚の温度差ということでは、化学兵器に対する感覚でも大きく違っているようにみえます。外国人は「化学兵器だから大変だ」と考えますが、シリアの人は、それこそ毎日のように爆弾が飛んでくるなかで生きていますので、化学兵器だからといって、今さらそれほど特殊なことのようには考えません。通常兵器で何万人も殺害されている日常ですから当然です。
 逆に言えば、アサド政府軍も同様です。毎日市街地への無差別砲爆撃で国民を殺害していますから、いまさら化学兵器だから云々といった感覚は乏しいのでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/23(金) 16:14:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<シリア爆撃への期待 | ホーム | シリア政府軍が化学兵器を使用する理由>>

コメント

>シリア人(国内居住者も国外居住者も)の大多数が、「そういうことやるのは政府軍だろ」と当たり前のように考えているということからです。

あの〜、これって「理由」ですか?
大多数が〜考えている、とまで仰られる根拠は何でしょうか?
国内外のシリア人の大多数のデータは、どのように、またはどこから取られたんでしょうか?
「〇〇ならやりかねん」というお考えは、まさにB層そのもののように思えます。
  1. URL |
  2. 2013/08/26(月) 13:42:58 |
  3. 偽装捜査員 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/08/27(火) 14:04:00 |
  3. #
  4. [ 編集]

軍事ジャーナリストとして情報収集を行なった上での発言なんでしょうか?
シリア政府軍の優勢が伝えられているうえ、国連の調査官を受け入れてからこのタイミングで化学兵器を使うメリットはありますか?
素人の考えでは全く無いように思えますがね
  1. URL |
  2. 2013/08/27(火) 23:53:01 |
  3. 匿名 #-
  4. [ 編集]

 もちろん根拠があって書いています。お手数ですが、他のエントリーもご覧ください
  1. URL |
  2. 2013/09/09(月) 21:45:30 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1297-e3c65976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。