ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北の対話作戦の先に来るもの

 本日発売の『週刊朝日』に「軍事パレードの陰で火の車の台所事情」という記事を寄稿しました。
 また、北朝鮮軍事パレードに関して、7月27日のTBS「ニュースキャスター」、28日のテレビ朝日「報道ステーションSUNDAY」にVTRコメント、29日のTBS「ひるおび」スタジオ出演させていただきました。

 北朝鮮は今後、「核ミサイル実戦配備国」という前提で対話作戦を仕掛けてきます。
 対話・交渉での狙いは2つ。
「核ミサイル実戦配備国という地位を確立すること」と「時間稼ぎ」ですね。
 もちろん核を放棄することはありません。アメリカと交渉するのが目的でもないです。アメリカに対する決定的な戦略兵器の開発と運用。それが再優先事項です。
 時間稼ぎというのは、これまでの核問題の経緯を振り返ると、もう疑う余地はありません。
 彼らにとって、核ミサイル戦略はいまだ途上のものです。いま現在も、彼らは①アメリカ主要部を射程に収める自走式弾道ミサイルの開発、②起爆装置の性能向上(ブースト型、水爆などの新規開発も含む)、③核物質の増産、を必死に進めようとしているはずです。
 北朝鮮が対話路線に転じたとしても、油断は禁物です。必ず近い将来、なにかの理由をつけて、ミサイル発射や核実験をやります。
 金正恩政権が合理的な判断をするのならば、彼らのサバイバルにとっては、それしか道がありません。
 よく北朝鮮の核ミサイル開発を愚挙だと指弾する論調があり、それはまさにそのとおりなのですが(われわれから見れば、ですが)、金正恩政権からみれば、彼らが超独裁政権であるという前提を、まず考える必要があると思います。
 核を放棄し、国際社会と協調する路線をとるならば、当面の緊張は緩和されますが、いずれ内外の民主化圧力に独裁政権は晒されます。独裁制はソフトな路線に転じれば存続できない、政治体制としては安定していない体制なのです。したがって、国内に対しては、これまでどおりの「徹底した強権統制」、国外に対しては、とにかく「決定的な戦力・戦略兵器の保有」・・・この2点は、独裁政権存続のための2大条件です。
 6カ国協議の再開に期待・・・・うーん、甘いと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/30(火) 17:25:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<沖縄米軍ネタのコメント技術 | ホーム | 北朝鮮注目は軍事パレードより核戦力増強>>

コメント

川瀬雅克です。

川瀬雅克です。
今回、ブログを見させてコメントしました。
また、次回も見に来ます。
川瀬雅克でした。
  1. URL |
  2. 2013/08/05(月) 17:31:53 |
  3. 川瀬雅克 #rMAaj43w
  4. [ 編集]

黒井さん、ここ最近メディアへの露出頻度が高いですね。
多分ワイドショーでしょうね、うちの母親も黒井さんを存知あげておりました(笑)。
  1. URL |
  2. 2013/08/06(火) 14:03:12 |
  3. 田中 #Wm9Qa.6Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1287-4b7fbe1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

株式会社サンライズ/投資・未公開株・社債の被害相談・返金解決ならあすなろ総合調査まで

??株式会社サンライズ投資詐欺の被害相談が増加中です。≪未公開株・社債の勧誘に関する注意喚起について 消費者庁より≫近時、未公開株や社債の勧誘を巡るトラブルが増加していま
  1. 2013/08/04(日) 20:14:36 |
  2. 株式会社サンライズ/投資・未公開株・社債の被害相談・返金解決ならあすなろ総合調査まで

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。