ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメリカがようやくシリア反体制派への軍事支援決定

▽シリア:米「化学兵器使用」と反体制派に軍事支援決定(毎日)
 フランス、イギリスに続き、アメリカのインテリジェンスもやっとアサド軍の化学兵器使用を断定。反体制派(当然ですが、イスラム勢力は除外されます。いちいち書くの面倒)への軍事支援開始を決めました。これで米英仏の軍事支援が決定です。
 あと問題は、それがどれだけの軍事支援になるかということですが、おそらくMANPADSを除く携行武器とその弾薬になるのではないかと思われます。MANPADSがないと空爆は続きますので、本来であれば飛行禁止空域設置が望ましいのですが、現状では各国もNATOも否定していますから、今のところ望み薄です。
 今後、この軍事支援を受けて反体制派は攻勢に出ますが、空爆が続くということは、民間人の犠牲はまだまだ続くということに、残念ながらなりそうです。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/14(金) 10:38:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<シリアの生徒たちに対する政治的暴力・虐待に関するヒューマンライツウォッチのレポート | ホーム | 宗派抗争はなぜ危険なのか>>

コメント

いくらテロリストが支援を受けても、国民から嫌われている反体制派に未来は無い。
シリア国民の大半はアサド政権を支持している。
  1. URL |
  2. 2013/06/14(金) 11:40:41 |
  3. 鷹 #-
  4. [ 編集]

それと、武器支援を受けてもテロリストは攻勢には出れませんよ。
質量士気で圧倒し、国民に支持される政府軍に勝つ可能性は皆無です。
  1. URL |
  2. 2013/06/14(金) 11:51:04 |
  3. 鷹 #-
  4. [ 編集]

現状、ヒズブッラーをフル動員してアサド政権はようやく反体制とは互角かやや優勢なレベルですから、今後は再び反体制派が押すことになるでしょうね。
ただ、この悲惨な内戦を可及的速やかに終わらせるためにも欧米は軍事介入に踏み切るべきだと私も思います。
  1. URL |
  2. 2013/06/14(金) 17:08:12 |
  3. 匿名 #-
  4. [ 編集]

金曜日はいつも反アサドデモの様子がアップロードされます。大多数のシリア国民の平和と安寧を取り戻すには、自由シリア軍が地歩を拡大させるしか方法はないと思います。そのために、アメリカやイギリス・フランスやサウジ・カタールが武器援助をするのは仕方ないでしょう。

すでに、アサド一派は無差別に砲爆撃を繰り返し、無実の国民の生命や財産を奪い、国土を荒廃させて、化学兵器まで使用して、インフラも破壊しました、これを撃破するには、もはや話し合いなどではなく、軍事上の勝利しかありません(残念ですが)
  1. URL |
  2. 2013/06/14(金) 21:57:39 |
  3. シリア情勢を正しく理解しよう #-
  4. [ 編集]

質量士気で圧倒されている反政府勢力がなぜ2年近くも持ってるんですかねぇ。質量士気で圧倒されなおかつ国民の支持を得ているのであれば、はるかに短期間で鎮圧できたと思うのですが。
  1. URL |
  2. 2013/06/14(金) 23:57:46 |
  3. AJAX #-
  4. [ 編集]

「AJAX」の日本が意味不明というか解り難い。

単に表現能力の充分に無いだけなのか、それとも母国語が朝鮮語なのか。

アサド閣下マンセー!金正恩同志マンセー!
  1. URL |
  2. 2013/06/15(土) 04:21:36 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

あっ、上のは誤解でした。取り消します。AJAXさんゴメン。
  1. URL |
  2. 2013/06/15(土) 04:24:25 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

アサドみたいに自国民を戦闘機で爆撃する馬鹿が人類史上どこにいる?えっ、カダフィー?

それだけで国家統治の正統性を失っているんだ、鷹同志。ところで君は朝鮮労働党統一戦線部か?朝鮮総連か?サヨックソ(左翼糞)かそれとも単なる冷やかしの馬鹿?
  1. URL |
  2. 2013/06/15(土) 04:33:09 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

シリア同様に北朝鮮ウォッチャーでもある黒井先生は当然韓国紙朝鮮日報日本語版は毎日チェックされておられるはずです。シリアの化学兵器はやはり北朝鮮製でした。それで北朝鮮シンパのサヨックソ(左翼糞)は必死になって言論戦を始めている。


六月十五日付朝鮮日報記事「北朝鮮、シリアに化学兵器の製造技術を移転」から。

(以下引用)北朝鮮は、シリア政府が化学兵器を開発する上で決定的な役割を果たしたといわれている。事情に詳しい外交消息筋は14日「北朝鮮は1990年代半ばからシリアに化学兵器関連の技術者を派遣し、薬剤の合成方法や化学兵器散布用の弾頭製造技術を移転した」と語った。

 この消息筋は「北朝鮮は最近も、化学兵器の生産に欠かせない真空乾燥炉をシリアに輸出したことが分かった。北朝鮮がシリアの化学兵器生産施設に対するアフターサービスを提供し続けていることを示す状況証拠は多い」と語った。真空乾燥炉とは、液状の化学物質を粉末にするため使用する装置で、化学兵器の生産には欠かせない。同じく北朝鮮は2009年11月、核・生物・化学(NBC)防護服約2万着など化学兵器関連物資を貨物船に積んでシリアに送ろうと試みたが、ギリシャのピレウス港で摘発され出港が差し止められた、と日本メディアが報じている。一方、米国ホワイトハウスのベン・ローズ国家安全保障会議(NSC)副補佐官は13日、電話でのブリーフィングで「米国の政府機関は、シリア政府軍が昨年、反政府勢力に対し数回にわたってサリンガスを使用し、少なくとも100-150人が死亡したと判断している」と語った。外交消息筋は「政府軍が使用した化学兵器は北朝鮮の技術支援で生産された可能性が極めて高い」と語った(引用終り)。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/06/15/2013061500358.html


一昨日と昨日と二日ほどサムソン社員の韓国人と日韓論や北朝鮮問題に付いて意見交換。日本は大手新聞がサヨックソ(左翼糞)でネット言論が保守ですが韓国は逆で大手新聞社が伝統的に反共保守でネット言論がいわゆる「従北勢力」。ネットで物をいうのは同じなんですが、日本のサヨックソ(左翼糞)は日本以外の国は天国と思っている。
北朝鮮では昨年一年でも五万人が餓死ですが「(偽)人権派」サヨックソは都合が悪いので沈黙。彼らは北朝鮮の死の労働収容所で一生死体でも食べながら便所掃除の研修をすれば良い。
  1. URL |
  2. 2013/06/15(土) 17:41:12 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

キャラ整形ヴァニラだよぉ~

ホントに(゜゜)?
  1. URL |
  2. 2013/06/16(日) 00:48:13 |
  3. キャラ整形ヴァニラ #Yultj0yE
  4. [ 編集]

>>道楽Qさん

まあ自分の書いたコメを読み返すと確かにちょっとヘンなんですけどね。鷹さんの言うように政府軍が質、量、士気が反政府勢力に比較して圧倒的優位でさらに国民の支持も高いのならば、そもそも反政府勢力の活動がここまで長期化することなんて有り得ないんじゃないかと私は言いたかったのです、と一応弁解しておきます。
  1. URL |
  2. 2013/06/16(日) 11:35:56 |
  3. AJAX #-
  4. [ 編集]

イスラエルの幾つかの新聞電子版に引用された英国インディペンデント紙の記事によるとイランが四千人の兵をシリアに送る。これでシリア内戦が米国とイランの戦争へと発展する可能性が出てきて最悪のシナリオとなりました。オバマはシリア反体制派への梃入れ躊躇している間に自ら大戦争の用意をした事になる。これ何かの陰謀?
http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/iran-to-send-4000-troops-to-aid-president-assad-forces-in-syria-8660358.html
  1. URL |
  2. 2013/06/17(月) 08:21:06 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

北朝鮮の真空凍結乾燥装置には日本の技術fが盗用されている疑いがあります。
 イラン革命防衛隊派兵ですが、兵力に劣るアサド側にとって最強の援軍ですから、アメリカの介入がなければ戦局的には決定的になるかもしれませんね。最悪です
  1. URL |
  2. 2013/06/19(水) 09:12:54 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1265-0ebb75a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。