ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子供を拷問するシリア政府軍

▽電気ショックから人間の盾まで…シリアで子供の拷問横行 国連報告書(共同)
 ここ数日の当ブログへのコメントで、親アサドないし反・反政府の考えの方は、「反政府派『も』ひどいことをしている」に拘泥しているらしいことがわかりました。
 それは国際ニュースで報道されるように、戦争なので当然あります。しかし、規模と程度、組織的な関与のレベルが全然違うことに気づかないと、全体像が見えなくなるわけですね。都合のよい一部の情報だけを繋ぎあわせて分析を誤るチェリー・ピッキングの典型例といえるでしょう。
 現実は、上記記事のとおり。反政府軍側の戦争犯罪とは比較にならないほど政府軍の戦争犯罪が横行しています。あまりに日常過ぎて、もはやなかなかニュースにならないくらいですね。

 民衆蜂起がスタートし、政府軍からの住民への一方的弾圧が開始されてから半年後、ようやく反政府軍が徐々に誕生し、それからさらに1年後くらいから、反政府軍の中の一部に(とくに北部地域の一部)に問題があるグループが出てきたり、イスラム過激派系グループの勢力伸長が見られるようになりました。
 その後、アサド政権が宗派対立を扇動したこともあって、この半年ぐらい、政府側・反政府側双方の一部に、他宗派への宗派ヘイト傾向が出てくるようになりました。
 その間、反政府軍に押されていた政府軍は住民ごと殺戮する砲爆撃をエスカレートさせ、政府側民兵に住民殺戮をさせてきました。つい先日には、人が足りなくなったのでヒズボラを雇い、宗派抗争を決定的にさせました。
 大雑把に言えば、現在はそんな状況です。

 この間、アサド政権側はどう宣伝していたかというと、「反政府デモは外国に扇動された一部のテロリスト」「外国の陰謀でテロリストが武装化した」「政府軍はテロリストから国民を守っている」・・・。
 アサド政権の人でさえ、立場上そう言ってはいても、本音では信じていないと思いますが。

(追記)
 たとえば戦争犯罪事例の数の差というのが、いまひとつピンと来ない方もいらっしゃると思うので一例を挙げると、この2年間の反政府側による戦争犯罪の「具体例」を100件挙げるのは難しいけれども、政府側の事例なら1週間も要らないと、このくらいのレベルの差です。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/13(木) 14:00:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<宗派抗争はなぜ危険なのか | ホーム | シリア与太情報の流れ方の一例>>

コメント

メディアに出ている有名人に構ってもらいたいだけの自己顕示欲肥大症の相手なんぞ時間の無駄でしょう。
コメント欄は承認制にでもした方がよろしいのでは。

これからもシリア含め世界情勢のレポート期待しております。
  1. URL |
  2. 2013/06/13(木) 19:54:46 |
  3. シャイロック #YqzQT8Bs
  4. [ 編集]

2ちゃんねるなどに見られますが、不思議なことにアサド擁護の書き込みが見られます。日本のように、情報が統制されていない自由な国で、まるでイランか中国の掲示板であるかのようです。わが国には中国や北朝鮮シンパシーを持つ方々が多くいます。そういう人々は、やはりアラブ社会主義を掲げた独裁国家の味方をしたいのでしょう。日本赤軍の大幹部の娘さんで、中東で育った、今は日本在住のジャーナリスト方は、やはり、「シリアはカタールに支援されたテロリストが戦っている」と言うことを言っていました。そういう人たちの仲間が結構いるものです。SANA通信は朝鮮中央通信や新華社と同レベルでしょう。ところで、エルドアン首相のイスラム的強権体質が問題になっていますが、共和人民党や民族主義者行動党が政権与党だったら、シリアの反体制派に協力的ではなかったのではと思います。黒井先生はどのように思われますか?
  1. URL |
  2. 2013/06/13(木) 20:46:56 |
  3. mustafa kemal #-
  4. [ 編集]

 非礼な筆致や誹謗中傷は最初から無視しますが、そうでなければ当ブログへの批判であっても、コメントは基本的には大歓迎です。
 シリア問題に関しては、どういうわけか見当違いの言説が流布しているのを薄々感づいていたので、ちょうどいい機会でした。こうした場のやりとりで相手の意見が変わるなど最初から期待していませんが、当ブログでは、ニュートラルな意識の読者の方々に、俗説に惑わされない視点を少しでもご提供できればとは心がけています。
  1. URL |
  2. 2013/06/14(金) 04:12:31 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

 皆さん悪気があるわけではなく、単に思い込みがアンカリングになってしまっているだけだと思います。北朝鮮を「地上の楽園」とか言ってたメンタリティと共通しますが、要はプロパガンダを素直に信じる善人なのでしょう。
 ただ、まあアサド擁護などしているジャーナリストや中東研究者、市民運動家、元留学生、協力隊OBの方々などは、ご自分の発言を実名でアラビア語に翻訳してネットに流したりしたら、いずれ二度とシリアに入国できなくなるでしょうね。ウチの元嫁なんかもそうですが、親族をアサド軍やシャビーハに殺された何十万・何百万という人が、絶対に許さないでしょう。そんな覚悟が皆様にあるのかどうかはわかりませんが。

 トルコのことは不勉強にて、申し訳ありませんが、よくわかりません。ただ、シリア国民の多くは、エルドアンが自分たちをちゃんと助けているとは考えていないと思います。
  1. URL |
  2. 2013/06/14(金) 04:46:12 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

 ところで、当エントリーの追記で、反体制派による戦争犯罪を100件挙げよと煽ってみましたので、誰か挑戦してくれないかなあ。こちらは政府軍・シャビーハによる民間人殺害現場の証拠映像が毎日大量に入ってくるので、エビデンスで論破する簡単な方法なのだけれど。あ、反体制派のユーチューブ映像は全部偽造とか言い出すのかな? やれやれ
  1. URL |
  2. 2013/06/14(金) 06:31:34 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

ハンドネームの「鷹」「kmel」「ユータ」「ヤス」などは同一人物じゃないか?特に「mustafa kemal」に似せた「kmel」というネームは悪質だな。

日本人拉致に協力したサヨックソ(左翼糞)かもしれんぞ。黒井先生も公安に届けて身辺には御注意を。
  1. URL |
  2. 2013/06/14(金) 07:37:38 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

他の誰かと同一人物かどうかはIPアドレスとか見れば分かるだろうけど、発信地域が違えば、今度は「連携してる」とか言われんのかな?
ところで、揃いも揃って「黒井先生!」って持ち上げてる連中は同一人物じゃないの?
「先生」って言うくらいだからすごい信仰ぶりだ。人生で「先生」呼べる人はそういないと思うからね。
  1. URL |
  2. 2013/06/14(金) 12:28:13 |
  3. ヤス #-
  4. [ 編集]

「ヤス」様、日本人、または日本の文化において、専門知識のあるジャーナリストや大学の先生などに「先生」と呼ぶのは、普通のことなのです。あなたの国ではどうかはわかりませんが。まあ、日本の文化や日本語を頑張って学んでいる「ヤス」さまがより深く日本を知っていただきたいと思います。「ヤス」様は黒井先生のブログをシリア紛争が起きてからの記事を全部、熟読しているとは思いますが、他にも、青山弘之先生の「シリアアラブの春 顛末記」と言うブログをお読みになることをお勧めします。主観や意見もありますが、引用が多いので、とても勉強になりますよ。あなたの日本語スキルがよりすばらしくなりますように。
  1. URL |
  2. 2013/06/14(金) 22:23:20 |
  3. mustafa kemal #-
  4. [ 編集]

あらためまして。
偶然ですが、わたしの国も日本といいます。
わたしの国では、大学の教授であっても、直接師事した人でもなければ「先生」とは言いません。「〇〇教授」と呼ぶのが普通です。医者や政治家を儀礼的に「先生」と呼ぶことはありますが、やはり直接関わって尊敬していれば本心から「先生」と呼ぶこともあるでしょう。しかしジャーナリストを「先生」と呼ぶことは聞いたことがありません。
わたしの国には「ネトウヨ」と呼ばれる人々がいますが、彼らは自分の意に添わなければ、何の根拠も無く相手を差別的な言葉で罵ります。しかし、彼らは実社会では非常に大人しいので害はありません。彼らはネット界で、たまたま自分の意に添うジャーナリストなどを「先生」と呼んだりしますが、わたしの国ではそれを「ヨイショする」と言います。また、ネトウヨにヨイショされるジャーナリストの特徴としては「親米保守(ポチ保守、アメポチともいう)」という立場の人が多いようです。「ネトウヨ」の語源は「ネット(の中でしかものが言えない)右翼」ですが、現在はネット界にウヨウヨいるゴキブリという意味です。ゴキブリは黒いので、黒い、のが好きなようです。
ご愁傷様
  1. URL |
  2. 2013/06/15(土) 10:38:30 |
  3. ヤス #-
  4. [ 編集]

おっ、反日工作員の「ヤス」同志。

>偶然ですが、わたしの国も日本といいます。

偶然にというのがサヨックソ(左翼糞)の特徴。日本に生まれた有難さと喜びが無い。嫌なら北朝鮮かシナへ帰れ。君の大好きなサヨックソ共産党員がごろごろで幸せになれるぜ。

>わたしの国では、大学の教授であっても、直接師事した人でもなければ「先生」とは言いません。「〇〇教授」と呼ぶのが普通です。

そう?でね、「教授」というのは教え授ける人という意味で「先生」という意味を既に含んでいる訳。だから、敢えて「先生」と一般的な言葉で言う必要が無いというだけ。

>ジャーナリストを「先生」と呼ぶことは聞いたことがありません。

あのね、君は文盲で無く読み書きが出来るという前提で言うが「私淑(ししゅく)」という言葉が有る。まあ、小学館の日本語大辞典で調べろとまで言わないけど君の大好きなサヨックソ(左翼糞)広辞苑で調べてよ。

意味は直接にはその人物から面と向かって教えは受けないけどなんらかの模範として学ぶこと。例えば小説家とか。ジャーナリストでも君の隣のおじさんでもいいんだ。

加えて、「先生」という呼称は日本語では一種の潤滑油。直接教えて貰ってない人や教職に無い人には使わないと言う君は恐らく中学生くらいかな。「ヤス」君のリベラルなパパかママに聞いてみたら。

>わたしの国には「ネトウヨ」と呼ばれる人々がいますが、彼らは自分の意に添わなければ、何の根拠も無く相手を差別的な言葉で罵ります。

あのね、「ネトウヨ」という言葉も一種の差別用語なのよ。それは言葉の含みに低学歴で低収入の社会的弱者の二十代の若者を社会的強者のインテリもどき(の勘違いした馬鹿)が上から目線で差別的にいう言葉。

でね、実はこの言葉には根拠が無いわけ。最近、『ネット右翼の逆襲』という本が出たけどイメージと違い「ネット右翼」の中心は低学歴低収入の二十代の若者では無くて比較的高学歴で収入も多い四十代。海外経験とかして日本の現状に危機感を持った人も多い。

あと言っとくけど、サヨックソ(左翼糞)の福島瑞穂とか土井孝子とか凄いレイシスト。二人とも「朝鮮人」と言われ凄く傷付き「名誉毀損」と弁護士に言わせた。「ヤス」同志なんて朝鮮人と言われ名誉だろう。君は差別主義者じゃないもんな。だったら「わたしの国」なんて敢えて言わなくてもいい。朝鮮人と思われても良いじゃないか。


>彼らは実社会では非常に大人しいので害はない。

これは筋違い。また逆にサヨックソ(左翼糞)みたいに社会に害を与えても困るでしょう。拉致候補者の選定をするとか。「拉致は無かった」とか社会民主党みたいに。

>わたしの国ではそれを「ヨイショする」と言います。

だから潤滑だって、馬鹿。本当に日本が母国語かい。

>ネトウヨにヨイショされるジャーナリストの特徴としては「親米保守(ポチ保守、アメポチともいう)」という立場の人が多い。

物を知らんね君。保守の半分は潜在的反米。ただね、米国に守られてポチ批判もないだろう。北朝鮮は義務兵役七年だ。反米帝などとナマ言うなら米国との戦争ををも意識せねばならん。君は調子良さそうだから米国が押し付けた憲法だけは大好きか?

>「ネトウヨ」の語源は「ネット(の中でしかものが言えない)右翼」

というのは根拠がありません。悪しからず。

>現在はネット界にウヨウヨいるゴキブリという意味です。ゴキブリは黒いので、黒い、のが好きなようです。

黒人差別だな。つい無意識が出たか。ヤス、オマエこそ真のレイシストだ。鏡をみろ、オマエの汚い顔は白くないぞ。
  1. URL |
  2. 2013/06/15(土) 16:37:24 |
  3. 道楽(どら)Q #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1263-5d2f3011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。