ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プロデュース作『「自衛隊+在日米軍」の実力』

『「自衛隊+在日米軍」の実力―知られざる「防衛システム」の正体』
福好昌治+軍事ジャーナリスト会議 編著
→アマゾン
別冊宝島
¥1143+税
宝島社 (2002/07) ASIN: 4796628045

 自衛隊の軍事力について検証するのはさほど難しくはない。したがって、筆者自身もいくつか作ってきたが、いわゆる「自衛隊本」を制作するのは、じつはそれほど難しくない。だが、日本の真の防衛力は自衛隊の戦力分析だけからはわからない。言うまでもなく、日本列島は米軍と自衛隊の「同盟軍」によって防衛されているからだ。
 というわけで、本当は米軍(正しくは「在日米軍」だけではない)と自衛隊を合わせて俎上に乗せるべきなのだが、これが非常に難しい。日米の軍事リンケージの部分は最高度の機密情報であり、その実態がほとんど明らかにされていないからである。
 だが、それだからこそ面白いテーマではないか!との筆者の思い付きで、この難題に挑んでいただいたのが、日米の情報公開法を駆使して一次資料収集を続けている軍事解説者の福好昌治氏である。記事は約7割を福好氏が、補足的な残り3割ほどの記事を「軍事ジャーナリスト会議」名で黒井が執筆している。企画・構成・編集は黒井が担当。同社の軍事企画シリーズでも内容的にはもっとも野心的な作品といえる。

内容(「MARC」データベースより)
 新朝鮮戦争、中台紛争、対テロ戦…極東有事で「日米同盟軍」はこう動く! 内部資料などの一次資料のほか、入手しにくい自衛隊の部内誌や防衛庁の国会提出資料などに基づいて、自衛隊+在日米軍を分析する。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/15(木) 15:56:09|
  2. 著作・メディア活動など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プロデュース作『これから起こる戦争』 | ホーム | プロデュース作『軍事シミュレーション 自衛隊〝本土防衛〟』 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/126-aa9d63b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。