ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プロデュース作『軍事シミュレーション 自衛隊〝本土防衛〟』

『軍事シミュレーション 自衛隊〝本土防衛〟』
別冊宝島編集部 編
→アマゾン
宝島社文庫
¥600+税
宝島社 (2000/12) ASIN: 4796620451

 本書は2000年6月刊の別冊宝島『自衛隊の戦争』の文庫版です。黒井は企画・構成・編集・監修を担当。執筆者は藤井久氏、野木恵一氏、浜田一穂氏、岡部いさく氏、清谷信一氏、樋口隆晴氏、加藤健二郎氏、菊池雅之氏、仁田貴起氏、そして黒井です。

内容(「BOOK」データベースより)
 国際状況の激変に、うまく対応できないでいる、この国の防衛論議。抽象論の堂々めぐりを超えて、いま必要なのは、変貌しつつある自衛隊が「有事」に際して具体的にどのような防衛戦術をとれるのか、これから起こる「戦争」とはなんなのかを明らかにしていくことである。本書では、ミサイル防衛、領空警備から核・生物・科学兵器防護にいたる10のケース・スタディを設定して、自衛隊の「防衛戦術」を検証。

ムック版表紙より
“敵”は北朝鮮かロシアか中国か? 列島侵略本格シミュレーション! テポドンの来襲、生物・化学・放射能テロ、軍事情報戦から 尖閣諸島占領、特殊工作員の対馬襲撃まで、どう戦うか自衛隊! 陸・海・空《戦術》の正体を完全図解&徹底検証

構成
1 ミサイル防衛
2 領空警備
3 海上警備行動
4 離島防衛
5 対潜哨戒
6 艦隊作戦
7 本土防衛
8 後方支援
9 軍事情報戦
10 対テロ・ゲリラ戦
スポンサーサイト
  1. 2008/05/15(木) 15:53:52|
  2. 著作・メディア活動など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プロデュース作『「自衛隊+在日米軍」の実力』 | ホーム | 著作『戦友が死体となる瞬間~戦場ジャーナリストが見た紛争地』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/125-c42974d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。