ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プロデュース作『新版 今こそ知りたい 自衛隊の実力』

『新版 今こそ知りたい 自衛隊の実力』
別冊宝島編集部 編
→アマゾン
宝島社文庫
¥630 (税込)
宝島社 ; ISBN: 4796631208 ; 新版 版 (2003/02)

 筆者は全体の企画・構成・編集・監修つまりプロデュースを担当しました。筆者がプロデュースした本のなかではこれまででもっとも売れたベストセラーとなっています。
 最初は別冊宝島『今こそ知りたい 自衛隊の実力』として99年9月に出版。99年12月には早くも文庫版『今こそ知りたい 自衛隊の実力』が刊行。さらに自衛隊ブーム(?)の2003年3月には一部改訂して文庫『新版 今こそ知りたい 自衛隊の実力』が出版……とロングセラーを重ねました。その間、なんと中国語版が台湾国防部のテキストに採用されるということも!
 販売実績を知る立場にありませんが、ムック・文庫の総計ではおそらく10万部は優に突破しているものと思われます。いずれにせよ、出版界ではそれまで長らく不毛の分野だった「自衛隊本」の流行を作るきっかけとなった本です。
 ムック版を含めれば、執筆者(対談出席者・インタビュー解説者含む)は黒井の他に、麻生幾氏(『宣戦布告』著者)、宮嶋茂樹氏(不肖カメラマン)、宇垣大成氏、岡部いさく氏、野木恵一氏、稲垣治氏、石川巖氏、清谷信一氏、高井三郎氏、徳田八郎衛氏(元防衛大学校教授/通信大隊長)、谷三郎氏、福好昌治氏、森野安弘氏(元東北方面総監)、佐藤守氏(元南西航空混成団司令)、加藤健二郎氏、横田博之氏、大久保義信氏、および某大手メディア防衛担当記者などなど、非常に豪華なラインナップになっています。業界的にはムック不況突入の直前頃で、大量初刷(つまり予算が潤沢)の時代だったからこそ可能だったチカラワザでもあります。
 なお、黒井執筆の記事のうち、「自衛隊 サティアンに突入す!」はオウム事件当時の自衛隊化学学校・化学防護隊関係者たちに直接取材し、強制捜査の舞台裏を詳細に検証しています。数あるオウム報道でも他には出ていない話もありますので、興味のある方はぜひどうぞ。

内容(「BOOK」データベースより)
対イラク戦は秒読み段階、一方、極東では北朝鮮の核開発凍結解除の動きに緊張が高まっている。イスラム過激派によるテロも、一向に収まる気配がない。まさに、世界中で“流血の予兆”が危険レベルに達している。そして、海上自衛隊のイージス護衛艦が、ついに“戦域”であるインド洋に入った。「実際のところ、自衛隊はどれほど強いのか?」「何ができ、何ができないのか?」いま、その疑問に迫った傑作新版。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/15(木) 15:44:36|
  2. 著作・メディア活動など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<著作『戦友が死体となる瞬間~戦場ジャーナリストが見た紛争地』 | ホーム | 著作『自衛隊交戦』 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/123-b28aeeb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。