ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「プーチンは2島返還で決着したがっている・・・」~根拠なき定説はなぜ生まれたのか

▽「プーチンは2島返還で決着したがっている・・・」~根拠なき定説はなぜ生まれたのか(JBPRESS)
もう何度も当ブログでは指摘していることですが、北方領土交渉におけるロシア側の視点について書いてみました。
 領土を取り戻すというのは、たいへんなことで、それはかなり長期・緻密・断固たるハードな交渉が必要となります。甘い希望的観測に縋っても何ら進展しないというのが、この20年間の現実でした。
 今日でも、根拠のない甘い観測がメディア紙上にあふれているのはおかしいなと。他に誰も言わないので、書いてみた次第です。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/07(火) 00:25:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ムスダン撤収とニミッツ登場 | ホーム | サリン使用をめぐる情報戦>>

コメント

お疲れ様です

前回も、コメント返し、ありがとうございます。

さて、今回の記事元では、FBでのコメントを見て唖然としました笑。
曰く、「サンフランシスコ講和条約で千島を放棄しているんだから、二島返還論で当然」
とのこと。
やっぱり、僕は「大衆」というものが大っ嫌いです笑。
尖閣にしても、竹島にしても、詳細は仕方がないにせよ、概略(国際法も含む)すらも知らない人間が、このように「意見・感想」を述べるんですから。
「二島返還でいいよ」と妥協することが、どれほど国益を害する事か。。。
大衆は、経済と一緒で、国家問題を家計と同じように見る習性があるようです。
領土も、友達に1000円貸してたけど返ってこないから、「もう500円でいいよ」という軽いノリに見立てるのでしょう。
ちなみに、サンフランシスコ講和条約にソ連は署名していないですよね。

すいません。余りにバカバカしくて、愚痴になってしまいました。
黒井様、お体にお気を付け下さい。そして、まずは「普通の国」に“戻る”ために、頑張りましょう!
  1. URL |
  2. 2013/05/08(水) 22:16:20 |
  3. 嫌大衆 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1227-4a44761f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。