ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アサド政権が住民虐殺にサリン使用

 ずっとくすぶっていた化学兵器使用疑惑ですが、ようやく解明されてきました。
▽「シリアで化学兵器使用」=英外務省も発表(時事 26日)
▽米政府、シリア軍が化学兵器を使用した可能性認める(ウォールストリート・ジャーナル日本版 26日)
▽シリアがサリン使用の可能性、対応策決定には確証必要=米分析(ロイター 26日)
▽シリア政府軍が化学兵器使用、サリンの可能性=イスラエル軍高官(ロイター 23日)
 もう間違いないでしょう。アサド政権は「反体制派のしわざ」と主張していますが、国連調査団受け入れを拒否しているのが、それが嘘である何よりの証拠ですね。
 手負いの独裁政権がついに禁断の兵器に手をつけたということは、今後、政権がさらに追い詰められたとき、凄まじいジェノサイドが行われる可能性があります(すでに住民に対する無差別虐殺がアサド政権によって日常的に行われていますが、化学兵器を大量使用すれば、桁違いの凄まじい殺戮になります)。
 人道上、絶対に看過できない非常に危険な局面です。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/26(金) 10:41:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中国「尖閣は核心的利益」 | ホーム | 金正日が決めていた「危機」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1217-87de89b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。