ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小型化と非核化とムスダン

 北朝鮮情報に関連して。

 アメリカでは、国防情報局が「北朝鮮は核小型化した」との報告書を書き、政府が火消しに奔走していますが、要するに、アメリカの諜報機関にもそれはわからないことです。DIAが書いたからそうだということには全然なりません。
 結局は推測するしかないのですが、3回目の実験に成功ということは、私としては「小型化成功の可能性が相当に高い」と考えています。それを否定する情報は存在しないのですが、「きっとまだだろう」との根拠の薄い直感(期待?)だけで判断するのは危険だと考えています。

 アメリカが「非核化するなら平和条約OK」と言い出しています。「北朝鮮は平和条約で体制保証を得るのが最終目的で、そのためにアメリカに振り向いてほしくて核開発している」論が正しければ、北にとっては願ったり。すぐにも平和が訪れるでしょう。
 しかし、そうはなりませんね。北朝鮮の目的は「核武装」そのものだからです。
 韓国も対話呼びかけを盛んに行っていますが、これからこんな感じになるかもしれません。▽非核化のため対話開始⇒北朝鮮は在韓米軍撤退を条件⇒交渉長期化(この間、北朝鮮は核ミサイル戦力をせっせと増強)⇒決裂・・・
 将来のことはわかりませんが、ひとつ明確なのは、北朝鮮が自ら核武装を放棄することはないことです。独裁体制の生命線ですからね。今後、核武装強化を抑える方向で圧力をかけるという流れになっていくしかないような気がします。

 ところで、やはり「ムスダン発射は北朝鮮の暴発」⇒「ムスダン、日本も危ない」と考えている人が非常に多いと、友人・知人と話していても実感します。
 全面戦争にはなりませんし、日本も危険ではありません・・・と力説しているのですが、「オマエだって北朝鮮が暴発して核ミサイルが日本に来るって書いてるじゃないか!」と。
 いや、あれは朝鮮半島有事か内乱で金正恩が死亡するなどして、完全にアナーキーな状態になった場合の話なんですけれども・・・
スポンサーサイト
  1. 2013/04/14(日) 08:52:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボストン爆弾テロ、犯人は極右かぶれか? | ホーム | ミサイル防衛は「誘導」システム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1201-9ad99b96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。