ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古是三春氏講演会のお知らせ

 お世話になっている日新報道の倉内慎哉さんが主宰する月例の勉強会にて、今月は軍事評論家の古是三春さんを講師にお迎えするということです。私はたぶん所用で行けないと思うのですが、どなたでも大歓迎とのことですので、北方領土問題に関心のある方は是非どうぞ。
(以下、ご案内を転載します)

サムライの会・第93回例会

軍事評論家の古是三春氏をお招きします。安倍首相のロシア訪問が四月下旬に予定されている折、北方領土問題の歴史を振り返っていただきます。昨年、プーチン氏が意味深な発言をしたことで解決への期待が高まっていますが、ロシア側の真意はいかなるものなのでしょうか?ロシア事情に詳しい古是氏の推理をお聞きします。また、日露関係の変化が日中関係に与える影響についても分析を加えていただきます。

講師:古是 三春(ふるぜ・みつはる)氏
1960年東京都生まれ。旧共産圏に多くの人脈を持つ。主に共産圏の軍事史、軍事技術史について記事を執筆しながら、日本の機甲部隊の歴史や戦車開発、戦史についても研究している。主な著書に『ノモンハンの真実 日ソ戦車戦の実相』(産経新聞社)『戦後の日本戦車』(共著、カマド出版)『ホントに強いぞ自衛隊!』(共著、徳間書店)など。近刊として週刊アサヒ芸能増刊 『理想の自衛隊』(徳間書店)が4/1発売予定(店頭4/2)。また、今回の講演テーマに関連した記事を『日本の領土防衛の真実』(週刊アサヒ芸能増刊・徳間書店)に執筆している。

演題:「北方領土問題の行方」

日時:4月19日(金)午後6時半~
会費:3000円(軽食つき)
場所:「ル・パン」 港区麻布台1-11-2星野ビル2階 (東京メトロ神谷町駅下車1番出口、東京タワー方面徒歩5分、飯倉交差点角 螺旋階段昇る)

(追記
 上記プロフィールにあった近刊の『理想の自衛隊』に、私も「北朝鮮の核ミサイルを迎え撃つ 自衛隊は3段階の迎撃能力を持て」という記事を寄稿しています。こちらも是非どうぞ(⇒アマゾン)
スポンサーサイト
  1. 2013/04/07(日) 08:00:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北朝鮮もアメリカもただ「抑止」措置をとっているだけ | ホーム | 米韓軍の特殊作戦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1197-7df3a14c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。