ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戦略ロケット軍に射撃待機状態命令

 米軍のB2に恐れおののいて、北朝鮮がまた“口撃”に出ました。
 戦略ロケット部隊に「射撃待機状態」命令を出したそうです。これは字句どおりに解釈すると「核ミサイルを即時発射できるように準備」になります。北朝鮮は最近、戦略ロケット軍という中国軍の第二砲兵のような組織を立ち上げたようなので(詳細は不明ですが、スカッドやノドンなどを運用するのでしょう)、そこに指示を出したということでしょう。
 標的は「米本土とハワイ、グアムをはじめとする太平洋作戦戦区内の米戦略軍基地、南朝鮮(韓国)駐留米軍基地」だそうです。また在日米軍を言い忘れています。北朝鮮からみれば、脅威度がそれだけ低く、眼中にないということですね。
 すでに「一号戦闘勤務態勢」を出していますが、それにこれを加えたということは、「位置について!」⇒「ヨーイ!」まで来たということです。
 しかし「ドン!」は、やりません。まあ対米向けの口撃です。
 アメリカも北朝鮮締め上げ政策を継続しますが、いっきに圧力をかけて追い詰めるまでやるかどうかといえば、現時点ではそこまでは考えていないと思います。
 今回の騒動は、北朝鮮の核・ミサイル実験が発端です。それに国連安保理で制裁決議が採択され、北朝鮮包囲網が敷かれたのに対し、その打開を図るためにさまざまな口撃を繰り返して今日に至っています。
 特徴的なのは2点。
▽言葉ばかりで、具体的な本格的軍事行動には動いていない⇒米韓軍の戦闘態勢を誘引したくない
▽毎年恒例の米韓軍事演習に今年だけ執拗に噛み付いている⇒核武装を「自衛」ということにしたい
ということかと思います。
 今後、仮に全軍に戦闘準備が命令され、予備役が召集され、戦闘部隊が前線に移動・集結し、補給の準備も始まり、金正恩が地下に潜ったりしたら要警戒です。米軍も空母をはじめ戦力の大幅増員をかけるでしょうし、そうなると非常に危険な状況になります。
 現時点では北朝鮮もアメリカもそこまでは考えていないでしょう・・・というのは具体的な両サイドの軍の動きからの推測です。

(追記)
▽北朝鮮のミサイル部隊で活発な動き=韓国軍消息筋(聯合ニュース)
 いきなり米韓を攻撃するということはないですが、それよりも、いよいよムスダンかKN-08の発射実験が行われる可能性はあります。おそらく日本の上空を通過することになるので、また大騒ぎになるかも。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/29(金) 12:04:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(速報)今度は「戦時状況」 | ホーム | (速報)B2ステルス戦略爆撃機出動!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1181-79fd1e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。