ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本を威嚇するならサイバー攻撃かミサイル発射?

▽「日本も殲滅打撃圏内」 北朝鮮が米に警告(TBS)
「アメリカは、戦略爆撃機B-52が離陸するグアム島も核搭載潜水艦が発進する日本本土と沖縄の海軍基地も殲滅打撃圏内にあることを忘れてはいけない」(朝鮮中央テレビ)だそうです。
 核搭載潜水艦が発進する??? ・・・・攻撃型原潜ではなくて???
 と、そんな揚げ足取りはさておき、頃合としてはそろそろ対日威嚇してもおかしくないタイミングになってきています。
 では、仮に対日威嚇をやろうとするなら、どんな挑発行為が考えられるでしょうか?
 まずは「サイバー攻撃」ですね。対韓国でやれるなら、日本にもやれると思います。DDoSならすぐでも出来ます。標的型でもすでにどこかに侵入している可能性もあります。
 あるいは、もしかしたら弾道ミサイル発射実験をやるかもしれません。ムスダンかKN-08を、南西諸島上空を通過して沖縄よりはるか遠方の太平洋上に落とすとか。
 これは挑発度がかなり高いですが、その気になればやれるのではないかなと思います。北朝鮮にすれば、対韓国では次に挑発行為をするとなると、かなりハードルの高い限定的軍事挑発にならざるを得ませんが、その点、対日だと戦争にエスカレートする危険がないだけ、ハードルは低いように思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/21(木) 21:41:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シリア革命軍の南部戦線攻勢と化学兵器の謎 | ホーム | 北のサイバー部隊は偵察総局第121局と総参謀部「電子戦部隊」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1171-d60f1f05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。