ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

著作『日本の防衛 7つの論点』

『日本の防衛 7つの論点』
黒井文太郎 編著
→アマゾン
別冊宝島real
¥1,300 (税込)
宝島社 ; ISBN: 4796647899 ; (2005/07/28)

 北朝鮮の核保有宣言、中国潜水艦領海侵入などが起こっているなか、防衛庁・自衛隊でもイラク派遣延長、防衛計画大綱改訂、憲法9条改正論議といった大きな変革が始まっている。元防衛庁長官ら専門家がその核心について語る本格的インタビュー集!
登場する人々(肩書きは当時)

1章 新時代の防衛戦略  石破茂・前防衛庁長官  
2章 日本政府の制度改革  前原誠司・民主党ネクスト防衛庁長官
3章 防衛庁/自衛隊の今後
  秋山昌廣・元防衛事務次官  中谷正寛・元陸幕長  夏川和也・元統幕議長/海幕長  竹河内捷次・元統幕議長/空幕長   
4章 国を守るための情報能力
  大森義夫・元内閣情報調査室長   原田武夫・元外務省北東アジア課北朝鮮班長
5章 アメリカの世界戦略/北朝鮮と中国の脅威
  河津幸英・『軍事研究』編集委員  青木直人・『チャイナ・インデプス』編集長
6章 安全保障と経済
  小山堅・日本エネルギー経済研究所研究理事    匿名某防衛産業幹部
7章 日米同盟vs東アジア共同体vs自主防衛
  加藤紘一・元自民党幹事長   西村真悟・元防衛政務次官    

取材の印象~
 とにかく面白かったのが、石破前長官。テレビの印象とは違い、非常に率直な物言いの人です。本音トーク全開すぎて、後で記事化するときに事務所のチェックがだいぶ入りましたが・・・。前原氏はメール問題のときとは違い、受け応えにソツがない印象ですね。話はそのまま記事化してほとんどノーチェックでした。
 加藤元幹事長は左派系メディアに受けがいいからか、リベラル色が誇張され、勘違いされて伝えられている感じがします。今回のインタビューでは、加藤氏が思われているほどシンプルな〝リベラル派〟というわけではないこと、外交の現場が親米とか親中とかで括れるほど単純でないことがよくわかります。
 どちらかというと自衛隊リストラ論者の筆者は、防衛庁・自衛隊OBの方々には答えにくいことばかり質問しましたが、秋山元次官にはたいへん率直にお話しいただきました。対して、幕僚長OBの方々とのやりとりには多少ぎくしゃくした場面も。今回の取材では当時、財務省防衛担当主計官だった片山さつき氏にもオフレコで取材しましたが、やはりこういうことは単に「敵味方の攻防」ということでなく、ともに考えようという姿勢が大事かなと。各々が「自分こそが正しい」と信じきっていることが多い「国防政策をめぐる議論」というのは、ついケンカ腰になりがちですが、率直に言って、「誰も正解を持っていない」と互いに認めるところから始めるべきだと思い至りました。
 本書のテーマは「日本の防衛」ですが、インタビュアーの〝趣味〟がモロに反映され、「日本のインテリジェンス能力」に関する話がテンコ盛りです。とくに、大森元内調室長と原田元外務省課長補佐の話は、示唆に富んで注目です。ただし、防衛庁の情報専門家は結局、アプローチした人の全員が取材拒否。持論を語ることすら禁じられているんでしょうか???
(※上記は2年くらい前に書いた文章ですが、あらためて振り返ると、いろいろありましたね)
スポンサーサイト
  1. 2008/05/15(木) 15:24:20|
  2. 著作・メディア活動など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<著作『最新 自衛隊「戦略」白書』 | ホーム | 著作『生物兵器テロ』 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/117-586af8ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。