ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国スパイ機関のハニートラップか

▽元将校、中国女性に核情報漏らす 米当局が逮捕(共同)
 捕まった人は、59歳の元陸軍将校で、02~12年に軍の最高機密情報にアクセスできる立場にあったそうです。
 この元将校は「国際会議で出会った女性(現在27歳)」と11年6月から恋愛関係になり、「戦略核の配備計画」「弾道ミサイルの探知能力」「環太平洋地域の早期警戒レーダーの配備計画」などの機密情報を伝えていたとのことです。
 出会ったのが2年前ということは、当時、男性57歳で女性25歳。偏見ですが、やはりハニートラップの可能性大な気がします。カトリーナ・リョン事件のように、中国はときどきハニートラップやります。
 国際会議での出会いということなので、ありがちな「プロ女性を媒介してのスパイ工作」ではなくて、最初から女工作員が身体を張ったということでしょうか。軍事情報なので、総参謀部第2部が怪しいですが。

他方、ちょうどこんなニュースも。
▽NASAの中国人研究者にスパイ容疑=帰国直前に空港で逮捕―米国(レコードチャイナ)
 中国スパイ機関のもっとも得意とする手口ですね。
 そういえば、1年前にはこんな報道もありました。
▽中国からNASAにハッキング、国際宇宙ステーションの重要情報も流出の可能性―米国(レコードチャイナ/2012年3月3日)
 スパイ工作も現代では、機密資料を直接持ち出すより、サイバー・スパイのためのバックドア設置工作のほうがリスクも少なく、効率的な手法といえます。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/20(水) 16:02:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<韓国にサイバー攻撃か? | ホーム | 日本メディアはシリアに入っているのかな?>>

コメント

さすがの米国軍人も引っかかりますね。所詮男と女。恐るべしハニートラップですね。
  1. URL |
  2. 2013/03/21(木) 20:19:07 |
  3. 田中 #Wm9Qa.6Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1165-a9cb6bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。