ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北朝鮮の狙いは「抑止力」

 北朝鮮が休戦協定白紙化に続いて、「侵略者たちの本拠地に対し核の先制攻撃の権利を行使する」との声明を発表しました。
 そこでいくつかQ&Aを。

Q 北朝鮮はなぜ今、こんなことを言ったのか?
A 直接的には安保理の制裁決議へのカウンターです。

Q 北朝鮮はアメリカを核先制攻撃するつもりなのか?
A 違います。アメリカ軍に対する抑止力のアピールです。

Q 北朝鮮はなぜ軍事的緊張を高める挑発をするのか?
A 本気で軍事的緊張を高めるつもりはありません。北朝鮮自身がいちばん戦争を恐れています。国際社会を牽制し、アメリカの軍事攻撃に対する抑止力をアピールしているだけです。北朝鮮にとっていちばん得なのは、自分たちの立場と要求を高めておき、将来の妥協点で少しでも有利に前進することです。

Q 好戦的な言動は国内向けではないのか?
A あまり関係ありません。国内の権力基盤確立の方策はなんといっても恐怖支配の徹底化で、現時点で金正恩政権の権力はそれなりに強固なので、基本的にはアメリカに対する抑止力のアピールです。

Q 北朝鮮はアメリカを核攻撃できるのか?
A 現時点ではできません。今回の核実験で核弾頭が完成した可能性が極めて高いので、直接狙えるのは韓国、日本、在韓米軍、在日米軍です。ムスダンが実用可能ならグアムが微妙。KN08が実用可能ならグアムとアラスカが射程内で、ハワイは微妙です。テポドン2改は屋外組み立て式なので実戦向きではないうえ、超高速飛翔用のICBM級再突入体が未完成と思われるので、実際には使えません。

Q 核ミサイルを開発する北朝鮮の狙いは、米朝協議で制裁解除を得ることと、米朝平和条約で金正恩体制保証を得ることか?

A 違います。アメリカに対する抑止力を確保することです。これは北朝鮮の国家安全保障にとって、きわめて合理的な戦略です。平和条約はその先の話で、その先には金正恩政権による半島統一があります。

Q アメリカを狙えない核ミサイルなら意味がないのでは?
A 韓国、日本、在韓米軍、在日米軍が射程内なら、抑止力は飛躍的に強化されます。

Q アメリカと北朝鮮は戦争になるのか?
A どちらも戦争は望んでいません。が、朝鮮半島のゴタゴタに北朝鮮内部の不安定化が重なれば、朝鮮半島有事の可能性が皆無ではありません。また、北朝鮮が自走式核ICBMを実用化しそうになった場合に、アメリカは軍事的圧力を格段に強化するので、そのときはまた状況が激変します。

 現時点では、ざっとこんなところでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/07(木) 22:37:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アラブ連盟がシリア革命軍への武器供与容認 | ホーム | スールー王国の末裔?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1155-1700bc2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。