ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スールー王国の末裔?

 3月に入って、ボルネオ島のマレーシア領サバ州で、マレーシア軍とイスラム系武装グループ「スールー王国軍」の戦闘が激化しています。スールー王国軍と自称しているのは百数十人のグループで、フィリピンのスールー諸島から来た元モロ民族解放戦線(MNLF)系の武装集団のようです。
 彼らは2月12日にボルネオに上陸して海岸の村を占拠。しばらくマレーシア軍とにらみ合った後に、掃討作戦が開始されたようです。
 スールー王国軍は同王国の独立と、サバ州の併合を要求していますが、いずれ鎮圧されるのは時間の問題でしょう。ただし、フィリピン南部のスールー諸島では、スールー王国軍を支援する動きも出始めているようです。
 かなり昔ですが、このあたりは取材経験があります。フィリピン政府軍と内戦中だったMNLFゲリラ部隊を、彼らの本拠地であるスールー諸島のホロ島で取材しました。私が会った最高位の人物は、当時、MNLF書記長だったサキルディン・バハジンという人物で、この人もスールー王国のスルタン(国王)一族の末裔のひとりでした。
 このあたりは、長い内戦がようやく収まったところなので、何をやりたいのかよくわかりませんが、まあ伝統的に海賊・山賊が多く、もともとかなりアウトロー&バイオレンスな土地柄ではあります。
 下記リンクは私の取材時の写真。外国人の誘拐をよくやっているゲリラたちで、みんな面構えが半端でない雰囲気です。彼らはバハジン書記長に近い人脈ですから、この取材時からもう20年以上経過していますが、もしかしたら彼らの中の誰か、もしくはその子弟が「スールー王国軍」に加わっている可能性もありそうです。
▽写真館⑧イスラム・ゲリラ

(追記)
 そういえば、つい先日、「ネプ&イモトの世界番付」で、オードリー春日さんがスールー海の漂海民族「バジャウ人」の海上集落を訪ねていました。いやあ個人的に超懐かしかったです。こんなところです。
▽写真館⑨漂海民
 スールー海はアウトロー&バイオレンスな場所ですが、旅するには非常に興味深いところでした。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/07(木) 21:11:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北朝鮮の狙いは「抑止力」 | ホーム | オスプレイとイメージ商法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1154-2f57e883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。