ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あらかじめ計画された核実験?

 昨日のTBS「ひるおび」にスタジオ出演させていただきました(北朝鮮関連)。また、本日発売の『週刊現代』でコメントを採用していただきました(アルジェリア関連)。

 さて、北朝鮮が核実験一直線な感じです。
 それほど決定的な根拠のある予想ではありませんでしたが、昨年12月の衛星打ち上げの際、「核実験の布石かも」と当ブログやいくつかの媒体で発言してきたとおりの展開になりそうな気配です。
 そもそも昨年4月の打ち上げ失敗の直後、各メディアで「核実験間違いなし」との観測が流れるなか、「今回はやらない可能性のほうが高い」と天邪鬼に発言してきたのは、その衛星打ち上げが金日成生誕100年に合わせた政治的イベントで、技術獲得の要求とは別のタイムスケジュールに基づいたものだと推測したからです。
 ところが、昨年12月はそれほどの政治的要求がある日程とは思えませんでした。「強盛大国の大門を開く」としてきた2012年中にどうしてもやりたかったということはあったかもしれませんが、それも理由付けとしては弱い気がしていました。
 そこで、「これはそもそも核実験の予定があって、それで逆算して12月に衛星打ち上げをやったのではないかな」などと推測したわけです。
 あの国のことですから、その意図はあやふやな根拠による推測しかできないですし、実際に実施するまではどうなるか本当にわからないわけですが、現時点ではどうやら予想どおりに動いています。

 ところで、ワールド&インテリジェンスとはまったく関係ない話ですみませんが・・・。
 じつは本日の「朝ズバ」でもVTRコメント(アルジェリア関連)を使っていただく予定だったのですが、高見盛の生出演でコーナーそのものが飛んでしまいました。それ自体は「よくあること」なので、まあしかたないです。
 ですが、各メディアの高見盛引退の扱い、ちょっと大きすぎるような・・・。確かにたいへん印象に残る力士で、私自身も注目はしていましたが、今場所はなんといっても、先場所の一桁勝利でいきなりの大ピンチ状態だった日馬富士の、意地の全勝優勝でしょう!
スポンサーサイト
  1. 2013/01/29(火) 04:59:50|
  2. 著作・メディア活動など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本人はイスラム過激派の標的ではない | ホーム | 日本企業の情報力>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1121-4415ce20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。