ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北朝鮮核実験の狙い

 韓国KBSによると、核実験場では坑道を最後の行程が完了し、また周辺での観測機器やケーブルなどの設置も終わったとのこと。今日明日ということはないと思いますが、1週間後くらいから2月中には実験やりそうです。
 では、どういう実験なのか?ということで、下記事を引き合いに考えてみます。
▽北朝鮮「高レベル核実験」 広島原爆級か(聯合ニュース)
(以下、引用は赤字)

北朝鮮は2006年と2009年に核実験を実施した。回を追うごとに爆発規模が高まっているため、3回目の核実験の規模はこれまでを上回るとの観測が出ている。

 ↑うーん、どうでしょう? 規模を大きくする必然性はあまりないですね。しかも、プルトニウムは最少量使用爆弾でも推定6~10発分しかないですから、ここでいっきに使用するかは疑問に思います。

核弾頭の小型化に関する実験を示唆したもの

 ↑普通に考えたら、そうでしょう。次に必ず必要になるステップです。

複数の坑道で同時多発的に核実験を実施する意図を含んでいるのではないかとの見方もある。

 ↑これも、軍事的な必要性があまりないことと、核物質ストックの問題で、可能性はあまりないと思いますね。

消息筋は(中略)高濃縮ウランを使用する可能性が高いと予測した。

 ↑KBSでも、プルトニウムではなく濃縮ウランを使うだろうとの見方で報じていました。
 可能性は排除できませんが、これも疑問はあります。せっかくイランのように「平和利用の発電用」とのタテマエで軽水炉+ウラン濃縮を進めているのに、その偽装をまだ始まったばかりの現時点で捨てる気なのか?という疑問です。もしも私が北朝鮮の独裁者だったなら、偽装をこのままにして、その間にせっせと高濃縮ウラン大量生産システムの構築を目指しますが。
ただし、仮に北朝鮮がすでに高濃縮ウランを保有していて、その実験に成功すれば、これは小型化が容易ですから、やはり核ミサイル完成というフェースに入ります。

 それと、韓国の報道でも「平和条約の直接交渉にアメリカを引きずり出すのが最終的な狙い」との見方が多いですが、違うと思います。過去の経緯は、北朝鮮は核ミサイル開発に一貫して邁進してきたこと。それがアメリカに探知され、恫喝を受けた場合に、交渉のふりをして時間稼ぎをすること、を示しています。
 核ミサイルを配備⇒平和条約、の順番であって、なにがなんでも一刻も早く核ミサイルを、ということだと思います。

 ところで、核実験を宣言したのに、ニュース報道が少ないですね(今朝のTBS『朝ズバ』にはコメント提供しました。放送されたかどうかは未確認)。テポドンのように日本の安全保障にあまり関係のない問題より、こちらのほうが死活的に重要なのですが。
 私も機会があるたびにメディアの方にもいつもそう力説していて、皆さんそれはわかっていただけるのですが、どうしても国民的な関心事として「テポドン>核」なのですね。しかたないこと、なのでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/25(金) 09:21:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イスラム・テロの脅威は拡大しているのか | ホーム | 北朝鮮核実験で日本はいよいよ核ミサイルの射程に入るか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1117-979d36de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。