ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読売元日一面は農水省サイバー攻撃

 例年、元日スクープを狙ってくる読売の今年の一面は「農水機密、サイバー攻撃…TPP情報など流出か」。以前は財務省へのサイバー攻撃がありましたが、今度は農水省です。
 こういうものは、ゴキブリと同様、1件発覚するということは、いまだ感知されていない何十件もの侵入が霞ヶ関全体で起きていると前提するぐらいでちょうどいいと思います。実際のところ、新手のサイバー攻撃の第一撃を食い止めるのは難しいですが、知らない間に増殖してるといった事態を抑えるために打てる手はいろいろありそうです。
 それにしても、読売は昨年元日は「防衛省のサイバー兵器開発」と、今年と同じようなソース。期日指定スクープは、それまで他紙に抜かれない自信がなければ暖めておけないものなので、よほど強いコネがあるのでしょう。
 そういえば三菱重工などのスクープも、「サイバーウォーズ」の連載まで秘匿していましたね。日本の役所は単独メディアに突出して便宜を図るのを嫌いますから、もしかしたら民間のセキュリティ会社・専門家のラインに独自の太い情報源を持っているのかもしれませんが。
 読売といえば、95年元日の「オウム上九でサリン残留物」スクープが鮮やかでしたが、他にも2009年元日の「韓国人女性が指紋の生体認証審査を突破して不法入国」など、当方の興味の対象であるセキュリティ分野が充実しています。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/03(木) 10:41:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シリア死者は6万人超 | ホーム | アレッポ混沌化の弊害>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1098-172028d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。