ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イラク戦争は何が問題だったのか

▽イラク戦争支持「おおむね適切」…外務省が検証(読売)
 上記は日本の外交の話ですが、ここではアメリカの話をしたいと思います。
「イラク戦争は間違った戦争」
「ありもしない大量破壊兵器疑惑をでっち上げてアメリカが戦争を起こした」
というような言説がありますが、ひとつ大きく間違っているのは、アメリカは大量破壊兵器疑惑をでっち上げたわけではないということです。インテリジェンスの不備から、大量破壊兵器があるとの誤情報を間違って信じてしまったのです。
 アメリカにそう思わせた大きな原因のひとつは、サダム・フセインの情報隠しです。他にもインテリジェンスの問題点は多々あったことは事実ですが、大筋としては、サダムが自ら招いたことであり、最大の責任はサダムにあります。
 ただ、米軍のイラク侵攻では、政権内のいわゆるネオコン派の中と、おそらくブッシュ大統領本人に、大量破壊兵器云々とは直接関係なく、とにかくサダムを排除しておきたいという動機があったものと推測されます。
 その点だけで言えば、イラク国民の多くにも期待感はありました。イラク人はとにかく長い年月、サダムという暴君の犠牲になってきましたから、多くの国民が、米軍がバグダッドを占領したときは喜んでいました。開戦の口実となった大量破壊兵器疑惑は誤情報でしたが、イラク戦争そのものを間違いとは、イラク人も含めてその瞬間は考えていなかったわけです。
 したがって、イラク戦争が間違った戦争とはいうことにはなりません。イラク戦争の問題は、戦後統治にあります。
 他国に侵攻して政権を打倒し、占領した以上、アメリカにも治安維持・秩序回復の責務は当然あります。そんな戦後統治で、アメリカは残念ながら、「バース党員追放」と「駐留軍の漸増」という致命的な戦術ミスを犯しました。
 しかし、何もアメリカが自ら、戦後イラクをあれほどの無法地帯にしたわけではありません。最大の責任は、宗派抗争に明け暮れるイラク人の政治指導者たちにあります。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/22(土) 20:39:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<北朝鮮の隠しウラン濃縮施設疑惑 | ホーム | 尖閣を米軍が防衛するとはかぎらない>>

コメント

「でっち上げ」ではなく「誤情報を信じた」という黒井様の見解には、少し違和感があります。
アメリカの情報機関は、「イラクには大量破壊兵器はない」という情報をあげていたのではないでしょうか?
それを、テネット長官ら上層部が、「イラク戦争を開始したいブッシュ政権」の(インテリジェンスサイクルでいう「顧客」の)意向に沿うように捻じ曲げた、私はそう理解していました。
「聞きたいことしか聞かない」ブッシュ政権は、戦争開始の理由をもっと突き詰めるべきだった。少なくとも、結果として間違った情報を元に戦争を始めたことについては、非難されても仕方ないでしょう。

ちなみに、サダム・フセインに責任があるのは、当然のことだと思います。
  1. URL |
  2. 2012/12/22(土) 21:32:08 |
  3. sin #-
  4. [ 編集]

政権が「ある」という情報だけを要求していたのはご指摘のとおりですが、「ない」というインテリジェンスはなかったと思います。「ある」という情報も、それほど太くないあやふやな情報だったところ、それを政治が恣意的に評価したことは、ご指摘のとおりと思います。なお、テネットの「スラムダンク」発言については、彼が存在を断言したとの意味かどうかで論争になっています。むろん責任逃れもあるのでしょうが
  1. URL |
  2. 2012/12/22(土) 21:50:37 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1088-5a1ad062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。