ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北朝鮮がミサイル発射実験か?

 韓国主要各紙によると、金寛鎮国防部長官が11月22日、陸軍第3軍司令部にて「北朝鮮が大統領選挙を前後して挑発する可能性がある。その時は厳しく対応する」と発言したとのことです。
 朝鮮半島では、ちょうど2年前の今日が延坪島砲撃事件の日。韓国では記念式典が行われるが、南北間で口撃の応酬になっています。

 そんななか、アメリカが偵察衛星で、北朝鮮のミサイル発射実験場で長距離弾道ミサイルの発射準備らしき動向を捉え、日韓両政府に通報したそうです。
 朝日新聞によると、「11月初め、平壌市山陰洞にある兵器工場からミサイル部品とみられる貨物が、平安北道東倉里のミサイル発射基地の組み立て棟に運び込まれた。衛星写真が捉えた貨物の形状は、4月に北朝鮮が発射した長距離弾道ミサイルと一致するという。4月は貨物の運び込みから約20日後に発射していることから、今月末には発射が可能になる計算だ」とのことです。

 北朝鮮は核とミサイルの開発に関しては、政治的日程というよりは、軍事的・技術的な開発タイムスケジュール優先でやってきているのですが、テポドンに関しては、ほぼ技術的には準備が完了しているわけなので、あとはタイミングを見計らっているところかもしれません。
 仮にここでミサイル発射をやって、米韓の制裁を受けたら、それを口実に今度はいよいよ核実験という可能性も皆無ではないと思います。そろそろ小型起爆装置の実験をやってもいい頃ではないかなという気がします。
 北朝鮮の核やミサイルに関しては、今春のような具体的な実験のニュースがないと、なんとなくストップしているような錯覚に陥りがちですが、彼らは常に一貫して核ミサイルの技術開発に邁進しているということを忘れてはなりません。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/23(金) 11:54:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アマンプールvsメシャル | ホーム | シリア勢力地図>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1042-3419a8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。