ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Vol③北朝鮮&中国の対日工作

Vol③特集 北朝鮮&中国の対日工作 
記事と執筆者の一覧

contents
特集 北朝鮮&中国の対日工作

▽「日本人拉致」から「偽ドル」「覚醒剤」まで~北朝鮮工作機関の闇を追う! 高世仁(『ジン・ネット』代表) 聞き手・黒井文太郎
▽北朝鮮「不法ビジネス」の系譜 黒井文太郎
▽マカオ「朝光貿易」の正体 黒井文太郎
▽奄美沖工作船事件から浮上した北朝鮮「覚醒剤」暴力団ルート 黒井文太郎
▽北朝鮮「工作機関」の全貌  清水惇(『北朝鮮情報機関の全貌』著者)
▽金正男は日本で何をしていたのか? 黒井文太郎
▽ミスターXは軍人だ! 北朝鮮対日政界工作の実態 辺真一(『コリア・レポート』編集長) 聞き手・黒井文太郎
▽日朝交渉「エージェント」全リスト 野村旗守(ジャーナリスト)
▽「百人町事件」の主人公が私に語ったこと 今村等(ジャーナリスト)
▽私が見た「学習組」~朝鮮総連非公然組織の虚像と実像 李策(フリーライター/元『学習組』構成員)
▽核・ミサイル技術は日本から流出!「科協」の正体 野村旗守
▽「コワモテ」在日非公然組織とは 黒井文太郎
▽私は北朝鮮のスパイだった! 日本人工作員の告白 ジン・ネット(高世仁・石田久人)
▽狙われた朝銀マネー 北の軍事産業と闇の送金ルート 野村旗守
▽規制品目「不正輸出」のしくみ 黒井文太郎
▽「拉致事件」11件の犯行手口 黒井文太郎
▽北朝鮮「対日スパイ」事件史 黒井文太郎
▽中国大使館の研究 黒井文太郎
▽「総領事館員自殺」と「対馬自衛官・内部資料持ち出し」を結ぶ上海カラオケと中国公安機関の影 黒井文太郎
▽中国の巨大なインテリジェンス機構 黒井文太郎
▽中国「対日スパイ工作」事件簿 黒井文太郎

▽ルポ 中国=北朝鮮「国境」最新事情 李策
▽ミツトヨ事件で浮上した日本の「核の闇市場」 黒井文太郎
▽日本で活動していた韓国情報機関~国軍「機務司令部」機密内部文書を入手! 野田敬生(ジャーナリスト・元公安調査官)
▽米政府が公開した未遂テロ情報~対テロ戦5年の「中間報告」 有田司(共同通信ワシントン特派員)
▽日本諜報事件史~「宮永スパイ事件」の深層 野口裕之(『産経新聞』専門委員) 聞き手・黒井文太郎
▽集中連載~フランス情報機関の歴史① 柏原竜一(情報史研究家)

▽PHOTO NEWS 
日本人向け上海カラオケ「かぐや姫」潜入撮! nakasyo
北朝鮮&中国の対日拠点  軍事研究編集部+青木祐二
工作船が積んでいた大量の武器/北朝鮮の核実験場/タイのクーデター 構成・軍事研究編集部

▽インテリジェンスNEWS 黒井文太郎
韓国で凄腕「北朝鮮工作員」摘発/ザルカウィ情報を捕捉したヨルダン特殊部隊/テロ黒幕と名指しされたパキスタン情報部/ロシア=グルジア紛争/パレスチナ内部抗争/内戦必至のイラク情勢/タリバン復活/スリランカ自爆テロ/イラン国営銀行金融制裁/金日成の電話を盗聴していた安企部/炭疽菌テロ首謀者と告白したオウム上祐/防衛庁・財務省・公安調査庁・内閣情報セキュリティセンター情報
スポンサーサイト
  1. 2008/05/15(木) 12:45:37|
  2. 『ワールド・インテリジェンス』記事・執筆者リスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Vol④スパイ映画でわかる諜報世界 | ホーム | Vol②日本の対外情報機関>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/101-bdc9eb57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。