ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメリカがシリア反体制派強化へ

 アメリカが本格的にシリア反体制派のテコ入れに動くようです。
▽シリア国民評議会は「明らかなリーダーではない」 米国務長官(11.01 CNN日本版)
 アメリカは国民評議会を見限り、国内で活動する反体制派を中心として、新たな反体制組織を創設し、そこを直接、強力に支援していこうということです。
 これには2つ理由があって、ひとつは、海外亡命者メインだった国民評議会の役割がすでに終わったということでしょう。
 かつては国内の活動はすべて地下活動だったため、どうしても表立った政治活動は海外を拠点にせざるを得ませんでしたが、いまや国内に広く反体制派が勢力を拡大していますから、実質的な活動能力のある勢力に主導権をバトンタッチできるようになってきたということがあります。
 それはもちろんそちらのほうが効果的ですから、当然の措置といえます。それにシリア反体制派は諸派が林立し、海外亡命者中心の国民評議会ではまとめきれませんから、その点でももう国民評議会は活動の中心から一歩下がることが求められます。
 もともと国内で熾烈な戦いを日々繰り広げている自由シリア軍の現地部隊では、国民評議会などほとんど歯牙にもかけられていませんでしたから、その点でも国内勢力の結集とその統合・調整はベターな措置といえます。
 自由シリア軍も、現在は創始者のアスアド大佐が主導権を握っていますが、実際にはアスアド司令官の影響力はたいしてありません。アスアド派以外の諸部隊も含めて、国内部隊の再編成が望まれます。

 もう1つの理由は、イスラム過激派外しです。国民評議会はモスレム同胞団の影響力が強かったので、それを排除したいということもありますが、アメリカとしてはそれよりとくにアルカイダばりのサラフィスト勢力を外し、民主的世俗派を中心とした統一反政府運動を形成することで、将来のアサド後の混乱を避ける目的があります。

 私は、アサド政権を一日でも早く打倒するには、アメリカの支援を得ることが断然有利だと考えているので、このプランはアリだと考えています。
 実質的な活動能力のある各地域の(デモ)調整委員会と各反政府軍勢力を中心に、イスラム過激派を排除するかたちで反体制派組織が統一され、欧米からの軍事支援が大々的に入るようになれば、アサド打倒の近道になると思います。

 この件に関し、シリアの知人を話してみましたが、概ね私と同じ考えでした。ただし、どうも聞いてみると、必ずしもそうした考えの人ばかりではないようです。
 アメリカが取り仕切る今度の反体制派組織の主導権は、アメリカが指名した反体制派リーダーたちが握ることになりますが、シリア国民の間では、どうもアメリカ主導の動きすべてに反対する意見が少なくないとのこと。というのも、昨年の蜂起以来、彼らの中には「アメリカは自分たちを助けてくれなかった」という被害者意識が非常に強くあって、「アメリカはどうせ自分の利益しか頭にないのだろう」との不信感が根強くあるらしいのです。
 冷静に考えれば、たとえアメリカに不信感を持っていたとしても、アメリカの支援を得るほうが断然有利なのは明白ですし、それをわかっている人もいるようなのですが、まるで悪夢の中にいるような感覚になっている一般市民には、かなりシニカルな考え方になっている人が多いことも事実なようです。
 なかなか難しい局面ですが、ここは非常に重要なところなので、速やかな反体制派の再編とアメリカの本格介入を私は期待しています。

 ところで、下はウガリット・ニュースのサイトで配信されたアラウィ派の離脱将校マゼン・ファウワズ少佐の戦死を伝える写真です。こうした勇気ある人は、シリアにはたくさんいます。
 いまだに「シリア反体制派は外国人のテロリスト」とのシリア政府のプロパガンダに誘導された誤った論調を散見しますが、こうした方々の死に対し、著しく礼を失することだと気づかないのが不思議です。
1102SR1
スポンサーサイト
  1. 2012/11/02(金) 12:13:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<尖閣&オスプレイ | ホーム | シリアとパレスチナ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1006-b3210adf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。