ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メールフォーム中止のお知らせ

 ある方に指摘されて気づいたのですが、すでに閉鎖した『ワールド・インテリジェンス』HPにリンクを張っておいたメールフォームがまだ生きています。
 ですが、そこから転送されるメアドはしばらく前から存在しておりません。ですので、もしもそこからご連絡をいただいた方がいらっしゃいましたら、当方までは届いておりません。
 で、今しがた設定を変えようとしてみたのですが、お恥ずかしいことにパスワードを失念しておりまして、うまくできません。今後、もし当方までお問い合わせがございましたら、当ブログの「管理人のみ閲覧コメント」にてご連絡いただけますようお願いいたします。
 なお、弊誌バックナンバーの内容等に関してましては、出版元であるジャパン・ミリタリー・レビュー社を通じてお問い合わせいただいても構いません。同社サイトは以下になります→http://gunken.jp/blog/
スポンサーサイト
  1. 2008/06/29(日) 12:06:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカの謀略裏面史

本日発売の『SAPIO』にて、「反米指導者の暗殺から〝過激派訓練学校〟まで~〝米国の利益〟のためならテロリストも支援する〝世界の警察国家〟アメリカの謀略裏面史」という記事を執筆しました。「〝援助大国〟〝支援外交〟の化けの皮」という特集のなかのひとつです。

また、近々発売される『世界を変えたテロ 決定的瞬間』(宝島社)で、「国際テロ組織 徹底解剖」というコーナーを担当しています。これは2004年に別冊宝島で出したものの文庫化になります。
  1. 2008/06/25(水) 11:07:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネット検閲『金盾』にみる中国政府のジレンマ

本日発売の『週刊エコノミスト』に「ネット検閲『金盾』にみる中国政府のジレンマ」という記事を寄稿しました。
 聖火リレー問題、四川大地震、北京五輪などをめぐり、中国のインターネットでは愛国世論が盛り上がっているようですが、中国政府はどのくらいネットのコントロールに一所懸命になっているかというようなことを書いています。
  1. 2008/06/09(月) 08:54:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。